kazuo kawasaki's official blog

「チョコレートの決定打は決まっている」





私の世代はMeijiの板チョコで育ちました。
だから、どんなチョコレートも私は受け付けませんでした。
それが信念というものです。
そのパッケージは亀倉雄策デザインでしたが、
最近、パッケージが変わってしまってから、
私のチョコレートへの感覚は一挙にそれこそ「革新」したのです。
チョコレートといえば、もうブランド定番があります。
そして、「大人の味」といえば、ともかくカカオ70%以上でしょう。
そして、ブランド定番では、
必ずこの72%は欠品になっていることが多いのです。
もはやミルク系31や72%ではもの足りません。
せめて74%以上でなければダメになりました。
これはほとんどクセになる苦みが必要になってしまっています。
そして、最近はとうとう100%です。
スタッフからもそれは苦すぎるとか言われますが、
「子供だな~」と言ってしまいます。
正直、最初はこれは薬に近いと思っていましたが、
まったく、身体が受け付けてくれるのです。
ということで、
100%が最も身体にも効いてくる
チョコレートの核心だと思うようになりました。
本当は、60を過ぎたら葉巻にしようと、
若いときにはパイプタバコに拘っていました。
でも、チョコレートはMeijiの板チョコ以外は、
たとえ高級ブランドの海外物であっても、
私にはほとんど味覚的な楽しみは皆無でした。
そしてMeijiのパッケージが正直、私には馴染みがすっかりなくなってから、
様々なチョコレートを試してきた結果が、カカオ100%でなくては、
チョコレートではないとすら思うようになりました。


tag: 100%, Meiji, カカオ70%, スタッフ, チョコレート, デザイン, パイプタバコ, パッケージ, 亀倉雄策, 信念, 大人の味, 板チョコ, 葉巻, , 革新, 高級ブランド


目次を見る

One Response to “「チョコレートの決定打は決まっている」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 1月 29th, 2017

    [...] だったのです。 バブルは私たち日本人を壊したのかもしれません。 * 「チョコレートの決定打は決まっている」 * 「2/14のチョコレートは天然とヒーリング」 * 『漫画・アニメ [...]


This entry was posted on 土曜日, 9月 22nd, 2012 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.