kazuo kawasaki's official blog

「ブランド の表現統一には、センスと見識あるディレクターが必然」





このブランドのグラフィックス表現力は一流です。
パリ本店で、一枚のシャツを見つけました。
私の大好きなクロッキータッチの素描画が描かれているシャツでした。
美大入学当時は、クロッキーは相当に鍛えられました。
だからたまらなく私の物欲に直線的に飛び込んできました。
そのシャツの素描画が、バッグの内面ファブリックにも使われました。
そのバッグは
英国鞄ブランドのグローブ・トロッターとのコラボ商品であり、
「ヴァルカン・ファイバー」と呼ばれる
伝統的な紙を多重層にした素材を
さらにこのブランド用に協同開発されたモノでした。
軽量さは格段に改良されていました。
そのバッグの内装生地にはシャツと同柄の素描が描かれていました。
もちろん、シャツと裏地は別生地でしたが、その接着あるいは圧着技術は、
このファイバー素材を見事に活かしていました。
このブランド組織においても、
シャツ部門とバッグ部門は異なっているはずです。
だから、ディレクターの存在を感じます。
このコラボ的な商品開発において、
自社ブランドのクロッキー描画グラフィックスを選んだことです。
つまり、ブランドは、モノづくりの根本的な理念を表現するには、
「何が、そのブランド表現の核心なのか」は、合議制ではありえず、
「一人の決定者」が必要だということです。
国内企業では、センス無き経営者の趣味趣向が優先され、
価値観は「好き・嫌い」だけでしかなく、
デザインを「たかがデザイン」としか見ていない経営者が
本当に日本は増殖し過ぎました。
エンジニア出身であろうが営業経験者であろうが、
その人の「ファッション性」を見るだけで、野暮ったい経営者が、
デザイン=ブランドの核心の決定者であっては企業は衰退するだけです。
私は、このバッグとシャツのグラフィックスの素描画を統一し、
このブランドが「馬具製造からのメーカー」であったことを
さりげなく表現する決定をしたことに注目しています。
日本のメーカーが「ブランド化」するには、
まず、経営者のデザインセンスそのものが大問題だと指摘しておきます。


tag: エンジニア, クロッキータッチ, グラフィックス, グローブ・トロッター, コラボ商品, シャツ, センス, ディレクター, デザイン, デザインセンス, バッグ, パリ本店, ファッション性, ファブリック, ブランド, ブランド化, モノ, モノづくり, ヴァルカン・ファイバー, 一流, 入学, 内装生地, 営業経験者, 国内企業, 圧着技術, 多重層, 好き, 嫌い, 日本, 決定者, , 素描画, 素材, 統一, 美大, 英国, 表現, 表現力, 見識, 趣味趣向,


目次を見る

One Response to “「ブランド の表現統一には、センスと見識あるディレクターが必然」

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 8月 11th, 2017

    [...] 全は学ぶべきでしょう。 #designはジャンポオロ・パニ * 「ブランド の表現統一には、センスと見識あるディレクターが必然」 * 『スイスの時計業界のしたたかな強さについて』 [...]


This entry was posted on 土曜日, 9月 29th, 2012 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.