kazuo kawasaki's official blog

「泡・バブルって、やっぱり凄いんだって思います」





台所用品、浴室用品の地場産業といえば、
和歌山県海南市です。
「東の湘南、西の海南」、当時の市長の弁でした。
海南市で国際コンペの審査と
現地の「地場産業」に関わったことがあります。
徹底的な、ウレタン素材で「洗浄用スポンジ」の製品開発にのめり込み、
商品化もしました。とても高額商品でしたが高く評価されました。
しかし、素晴らしい素材の「スポンジ」は、
100円ショップの中国製には市場では完敗でした。
ただし、モノの性能・効能・機能は抜群だったと自負しています。
だから、その頃、同時に「トーラス亀の子束子」も開発してみましたが、
これは製品開発で終了せざるをえませんでした。
今、私は私自身の「乾燥肌対策」には、
あらためて、当時、様々な「泡づくり」と「泡性能調査」をしました。
だから、TV-CFで「洗顔用石けん」の泡立ちを見るたびに、
「泡」そのものの「泡立ち」の肌理の細かさが気になります。
それは、ボディソープからシャンプーに至るまで、
TV-CF画面の泡を見ながら、
「本当か~」とTVに向かって、話しかけてしまいます。
そして、学生にも、「正しいシャンプーの仕方」などを論じてしまいます。
つまり、「泡立ち」という性能は「肌をきれいにする」、
とても大事な手続きであることは間違いありません。
「綺麗」な泡立ちが、必要不可欠なわけです。
となれば、絶対に「泡立ち評論家」になるつもりで、
「泡」をじっくりと観察しています。
今、ブームで売れているシャンプーが、
本当に「正しい洗顔・正しい洗髪」ではないのです。
どれだけの肌理の細かさの「泡」=バブルかが大事です。
そのバブルで綺麗にするべきかが問題だということです。
結局、「バブル」ってのは、
やはり、何かしらスゴイ力があることは間違いありません。


tag: 100円ショップ, ウレタン素材, シャンプー, トーラス, バブル, ボディソープ, モノ, 中国製, 乾燥肌対策, 亀の子束子, 効能, 台所用品, 和歌山県海南市, 商品化, 国際コンペ, 地場産業, 学生, 性能, 東の湘南, 機能, , 泡づくり, 泡性能調査TV-CF, 泡立ち評論家, 洗浄用スポンジ, 洗顔用石けん, 浴室用品, 製品開発, 西の海南


目次を見る

2 Responses to “「泡・バブルって、やっぱり凄いんだって思います」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 6月 2nd, 2017

    [...] ムのごとく、 泡フォームの性能性は大きな機能性があります。 * 「泡・バブルって、やっぱり凄いんだって思います」 * 『100円ショップの明晰さと確実に連鎖する美知らず』 *  [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    1:58 AM on 8月 12th, 2017

    [...] * 『泡=うたかたの機能性には確約がある』 * 「泡・バブルって、やっぱり凄いんだって思います」 * 『次世代デザイナーへの手本になりたい事例を発表予定』 * 「Media [...]


This entry was posted on 火曜日, 10月 16th, 2012 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.