kazuo kawasaki's official blog

「 大失敗の量産拳銃・FP45-LIBERATORから学ぶこと」





FP45-LIBERATORという拳銃がありました。
部品点数は23点・一丁1.72ドル・量産は11週間で100万丁です。
これは第二次世界大戦1942年、ナチ占領下のパルチザン支援のために、
当時の米国政府が自動車メーカー・ゼネラルモータースに依頼し、
徹底的な低コストを実現した拳銃のいわば鉄砲機能だけのモノでした。
装弾もたった1発だけであり、装弾から薬莢の外し方も変です。
グリップ部のスペアカートリッジに銃弾が収納されていました。
使用方法はイラストだけで分かるというほどデザインされたモノでした。
また極秘生産されただけに存在すら知られていなかった拳銃です。
だから、今流に言えば、とても合理的で、
大量生産としてはインダストリアルデザイン的モデルとも言えます。
性能も最悪だったために、
欧州のパルチザンよりもアジアに落下傘で連合軍が落としたとか、
マッカーサーが倉庫に眠っていたこの銃を
中国やアジアの日本軍への抵抗勢力に分配したとかですが、
ほとんど、
100万丁も存在していたこの銃が役立ったという話はありません。
結局、拳銃マニアにとってはコレクションとして、
300から700ドルのコレクションアイテムになっただけです。
つまり、単機能で低コストの大量生産製品とは、
「役立たない」ということを伝えています。
この拳銃は「迷銃」と呼ばれている代物です。
今の日本の警官は世界でも最も性能の優れた拳銃をライセンス生産品として
ある企業で生産されています。
しかし、「使用」されることはまったくありません。
「使用」したなら、すぐに警官は裁判です。
だったら所持する必要などありません。
日本だけが、拳銃が威嚇や防御の武器ではなくて、
警官存在の表徴になっているだけです。
毎年、拳銃は新作が発表されます。
そして、名だたる拳銃メーカーは著名なデザイナーに依頼している、
そんなこともほとんど知りません。
また、評判や性能が万一劣れば、それはデザイナーの責任ともなって、
そのデザイナーには
再依頼されてリ・デザインされていることも知られていません。
武器には、いわゆる性能と機能の完璧な相互性が、
さらに完結された形態であることが求められています。
私は「拳銃の美学」が、
実は「カーデザイン」にも多大な影響を及ぼしていることを
知るべきだと思っています。
断っておきますが、
私は現在の拳銃デザインはほとんど無用の長物と言っておきます。
知り置くべき事は、拳銃もデザインされ量産されているからこそ、
「死」に直結しているモノのデザインがあるということです。


tag: 11週間, 1942年, 23点, FP45-LIBERATOR, アジア, インダストリアルデザイン, カーデザイン, コレクション, スペアカートリッジ, ゼネラルモータース, デザイナー, パルチザン, マッカーサー, モデル, リ・デザイン, 一丁, 中国, 大失敗, 形態, 性能, 拳銃の美学, 拳銃マニア, 日本軍, 機能, , 第二次世界大戦, 米国政府, 自動車メーカー, 落下傘, 薬莢, 装弾, 警官, 連合軍, 量産拳銃, 鉄砲


目次を見る

One Response to “「 大失敗の量産拳銃・FP45-LIBERATORから学ぶこと」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    3:03 AM on 5月 26th, 2017

    [...] * 「素材革新での造形言語が与えた影響は形態言語すら変更」 * 「 大失敗の量産拳銃・FP45-LIBERATORから学ぶこと」 tag: 18世紀, いい加減, マニア, 九十九式, 予測可能, 使用停止, 効能, [...]


This entry was posted on 木曜日, 10月 25th, 2012 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.