kazuo kawasaki's official blog

「現代的アートが象徴していることは企業革新テーマ」





私が最も注目している現代アーティスト、
トマス・サラセーノの新作をインターネットNewsで知りました。
「クラウド・シティ」という題名=テーマは、
現代アートゆえの「問いかけ」、
それは批判であり、問題提起になっています。
ともかく、商業主義的な流行として喧伝されることには、
常に実態がともなわないことが明らかです。
これは特に情報社会になってからの顕著な悪弊だと私は思ってきました。
「嫌らしくて卑下して構わない」とすら私は直言しておきます。
「Cloud」、「Smart City」、「Smart Grid」、「Eco」、「Lohas」など、
うんざりです。
そして、情報系大企業にはこうした事業部があり、
広告もあり、
いかにも未来を招致している印象を企業イメージにしています。
しかし、小学生でも、そんなことに希望や期待など持っていません。
私などは実際に「デザイン実務」で、
そうした事業部のリーダーたちと接してきましたが、
「これだから日本の企業経営は失速している」と大確信しています。
企業研修などで講演をするとき、
現代アーティストの作品を事例に解説することがあります。
必ず問いかけます。
「この作品知っていますか?、作家を知っていますか?」、と。
ほとんど無知です。
もし、未来に向かって真に革新的なイノベーションをめざすならば、
現代アートの「問いかけ」、「批判」、「問題提起」に
敏感でいてほしいと思います。
そうとなれば、
選ばれしアーティストの展覧会は日本にやってくるでしょう。
また、そうした展覧会が日本オリジナルな企画展が生まれてくるはずです。
かって「マルチメディア」という
陳腐なテーマを語っていた企業が時代を招来したでしょうか。
否です。
私は、日本が現代で目覚めるためには、
アーティスト作品が日本展を目指してやってくるべきだと考えています。
まさに、
私は、現代アートと経済の活性化は直結した連鎖構造だと思っています。


tag: Cloud, Eco, Lohas, News, smart city, Smart Grid, アーティスト, アート, イノベーション, オリジナルマルチメディア, クラウド・シティ, テーマ, デザイン実務, トマス・サラセーノ, リーダー, 事業部, 企業イメージ, 企業研修, 企業経営, 企業革新テーマ, 作家, 印象, 商業主義, 問いかけ, 問題提起, 喧伝, 大企業, 実態, 小学生, 展覧会, 希望, 情報社会, 招致, 期待, 未来, 現代アーティスト, 象徴


目次を見る

2 Responses to “「現代的アートが象徴していることは企業革新テーマ」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 6月 9th, 2014

    [...] デザインからも見いだしていきたいと考えています。 「現代的アートが象徴していることは企業革新テーマ」 「記号はNetworkとServerと私たちのimageに存在する」 [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 10月 31st, 2017

    [...] * 「現代的アートが象徴していることは企業革新テーマ」 * 「環境デザイン・定義枠付けが時代遅れ」 [...]


This entry was posted on 木曜日, 11月 8th, 2012 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.