kazuo kawasaki's official blog

「電力会社を破壊し分散させるべき証拠・告発します」





街は美しくあってほしいと思います。
私流に語れば、
美しい街づくりは、まず「綺麗な街」にすることが原則です。
そこで、街の景観法が厳しい街=京都の街にある電柱、
電柱にぶら下がっているトランスはこの不様さです。
この酷く醜い仕事には、景観法は全く適用されていません。
京都で建築をするときに
どれほど景観法の厳しさがあったかを思い起こすと、
「この電柱、この配線、この設置を許しているとは何事か!」です。
発電・送電・変電へと電力会社を分散させるべき時が来ています。
このいい加減な仕事には、
美学どころか、綺麗な街にするという考え方すら無かった企業、
それが既得権益独占の電力会社の不様さです。
最近、私は京都の町並みで、
電柱にある変電トランスやその設置を撮影しています。
「天を汚している企業を告発します」。
21世紀のわが国の根本は、3.11で破壊されたのです。
だからこそ、私たちが学び直すことは、
日本本来の伝統美を再熟考し、「やり直し」しかありません。
天に向かってのたかが電柱がこれほど醜いのです。
しかも、「京都」です。
何が、景観法と言えるのでしょうか。
美しい街は、そう簡単に創り出せるものではありません。
まずは、綺麗に掃除するなら、
この電柱と配線をやり直すべきだと告発しておきます。


tag: 3.11, 京都, 告発, 変電, , 発電, 私流, 美学, 設置, 証拠, 送電, 配線, 電力会社, 電柱


目次を見る

One Response to “「電力会社を破壊し分散させるべき証拠・告発します」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    1:17 AM on 5月 14th, 2016

    [...] *『電気には「質」がありそれは正弦波測定で確かめられます』 *「電力会社を破壊し分散させるべき証拠・告発します」 *『瓦礫に祈りを・・・デザインによる復興計画を』 *『自宅 [...]


This entry was posted on 土曜日, 11月 10th, 2012 at 12:26 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.