kazuo kawasaki's official blog

「BMW i8が実現し始めた新たな造形言語と形態言語」





造形言語と形態言語は、
ソシュールの「一般言語学講義」をテキストにして、
デザインが果たす言語=形態への適応と応用を私は試みています。
そして、私自身が現在、
造形言語と形態言語を製品開発の実例から見いだそうとすると、
正直、造形言語 – 形態言語の構造を持っているモノは、
ほとんど国内メーカーには不在であることが無念でなりません。
「ミッション・インポッシブル」にBMWの車が登場します。
映画ゆえ、それはコンセプト・カーと言ってもいいほど、
まさに「カッコいい車」が登場するわけです。
ところが、この車は2014年に発売されることになってしまいました。
無論、いくつかのスペック・ダウンというか、
アドバンス的なことは実現されないかもしれません。
しかし、このプロモーション・CFを見ていると、
ここまでの車がとうとう世の中に存在する時代になってしまった。
私は感激し、感動してしまいます。
車、それは「移動の手段としてのツール・マシン」でした。
しかし、21世紀を方向付ける情報ツールであり、メディアであり、
しかもこれこそ「電気自動車!」という
言語性を持って登場してきたわけです。
私の「製品記号論」講義の事例・実例として紹介し、
まさに言語=形態を「読み取ってほしい」のです。
たとえば、プロモーションCFですら、一つのドラマであり、
ドライバーの運転、すなわち制御性能は、
「情報操作性能」とそのマン・マシン系はやはり、20世紀に終焉して。
ほら、21世紀は、メディアツールというモードは、
これだけのコードとのインタラクションなんだよ、
とBMWは発明しているのです。
「ミッション・インポッシブル」が、
ひょっとするとあの「007」を超えるストリー性と
登場するガジェットの様々さを超えたかも知れません。
そんな印象があっただけに、
BMW i8 はメディアとしての車であり、
情報処理としての運転性能の技術表現内容を
デザインは造形言語の意図性は見事です。
そして、デザインされたこと、意味されている形態言語には、
21世紀は、電気自動車ゆえ、
「移動手段=目的地に着く」という以上のことを恣意しています。
すなわち、ソシュールにもどれば、造形言語が意味することと、
形態言語が意味していることの「恣意性」を
技術進化をデザインが果たしていることは明白だということです。


tag: 007, BMW, CF, アドバンス, インタラクション, ガジェット, コンセプト・カー, スペック・ダウン, ソシュール, ツール, テキスト, ドライバー, ドラマ, プロモーション, ミッション・インポッシブル, メディア, 一般言語学講義, 制御性能, 形態, 形態言語, 情報ツール, 情報操作性能, 感動, 感激, 映画, 製品記号論, 製品開発, 言語, 言語性, , 造形言語, 電気自動車, BMW i8


目次を見る

One Response to “「BMW i8が実現し始めた新たな造形言語と形態言語」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:07 AM on 9月 4th, 2017

    [...] * 『金網越しに道にまで花がある、その製品化と商品化』 * 「BMW i8が実現し始めた新たな造形言語と形態言語」 * 『JBL4343の上には造形美のあるモノを置く』 [...]


This entry was posted on 日曜日, 12月 2nd, 2012 at 12:02 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.