kazuo kawasaki's official blog

「心電図波形が意味すること・意味されていること」





「心電図」、その波形は私の命のシンボルです。
この映像は、私の正常な心電図波形です。
2006年、金沢21世紀美術館での個展時に、
高さ12mのシンボルに投影展示もしました。
「心臓障害者」にもなっている私は、
「頻拍症」を抱えています。
それは、心拍数が万一、88を超えたなら、
ICD(植込み型除細動器)が、いわゆる電気ショックを心臓に与えて、
一旦停止させて、また正常心拍数にもどることになっています。
45歳になったときに、頻拍が発生し、
これが心臓発作なのかというほどつらい経験をしました。
ただ私は心拍数が180を超えて、さらに心房細動になる寸前に、
ほぼ点滴によって正常に戻るために気を失ったことはありません。
むしろ、頻拍を押さえる薬が強すぎて、
今度は徐脈=心拍数が38程度になり失神する寸前になったことはあります。
心拍数は医学的に、p/q/r/s/tという点が決められています。
波形の終わりであるs/t間が、私には問題がありますから、
入院していても、この部位が気になります。
定期検診で心電図を撮った時も、私はこの部位に注目しています。
かつて、
心臓に欠陥が見つかったとき、それ以前に撮った心電図波形を見て、
ドクターはこう言いました。
「私が見ていたら、
そのときに発見して今日のような病態にはしなかったでしょう」と。
こうした経験があったから、よくドクターに質問しますが、
いわゆる循環系で心臓の専門医は、
この波形を見ただけでも、心臓のかたちまで想像がつくと言われています。
医学の世界では、
読影と呼ばれるレントゲンやCTやMRIの医療画像を見ただけで、
病態を読み取れる、読み取れないドクターがいることは確かなことです。
しかし、所詮は人間ですから、
もっと明白な読影技術は機器に代行させる必要があります。
私は、この領域にこそ、
「パターン認識」として
デザイナーの大きな役割になっていると判断しています。
最近は、デザイナーでも医療系とデザインをめざす世代が出てきましたが、
医療系、医学系のパターンの意味することと意味されていることを
デザイン教育にどう持ち込むべきかは、
今後、私のミッションの一つになるものと考えています。


tag: 2006年, CT, ICD, MRI, シンボル, デザイナー, デザイン教育ミッション, ドクター, レントゲン, 入院, 医学の世界, 医学系, 医療画像, 医療系, 定期検診, 徐脈, 循環系, 心房細動, 心臓, 心臓の専門医, 心臓発作, 心臓障害者, 心電図, 心電図波形, 投影展示, 映像, 植込み型除細動器, 病態, 経験, 金沢21世紀美術館, 電気ショック, 頻拍症


目次を見る

One Response to “「心電図波形が意味すること・意味されていること」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    1:06 AM on 2月 6th, 2017

    [...] * 「ICDは経皮充電可能である、しかし」 *「心電図波形が意味すること・意味されていること」 * 「私の必須道具だから・iPhoneアプリにしてみた」 [...]


This entry was posted on 日曜日, 12月 23rd, 2012 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.