kazuo kawasaki's official blog

1月1日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



1月1日 丁卯(赤口)


壁にある
「時計」を眺める「瞬間」に、
何を視覚として訴えるべきなのかを
彼は、
自然物そのままを
造形要素として取り入れる。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』16 時の経過と瞬間


tag: 倉俣史朗のデザイン, 川崎和男のデザイン金言, 時計


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 火曜日, 1月 1st, 2013 at 9:30 AM and is filed under APHORISM. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.