kazuo kawasaki's official blog

「自動車デザインはもっとビジネスジェット機から学ぶべきだ」





今回、自動車技術系の論文作成では、
ビジネスジェット機を一番参考にしました。
LEARJET社の60XRは、最も欲しいモノの一つです。
1400万ドルで、飛行機では最高高度を飛びます。
スイスのジェット戦闘機 ・P16をモデルに開発されてきたものです。
この企業の創立者は、モトローラの車載ラジオメーカーから、
ビジネスジェット企業になりました。
空力特性や、燃料タンク、電子回路のコードマネージメントなどを、
特に、カーデザイナー諸君には学んで欲しいと思っています。
私は大学人になって、カーデザイナー志望者には、
「自動車は飛ばない」と、よく話をしてきたものです。
車、新車やアンティーク車情報は蔓延していますが、
ビジネスジェットやヘリコプター、クルーザーの情報は
ほとんどみかけません。
ビジネスジェットのフェールセーフデザインからインテリアデザインに、
プロダクトデザイナーは詳しく成って欲しいと思っています。
自分が購入は出来ないから、興味をもたないというのは、
プロフェッショナルとしての怠慢です。
今回の依頼論文テーマは、「形と性能」でした。
記号論・脱構築で、電気自動車の設計手法をまとめましたが、
私のイメージの中には、このジェット機がありました。
カーデザイナーになっている教え子もいます。
その中の何人かは、すべて、欧州で企業留学しています。
彼らに最も届けたいのは、
ビジネスジェット、高速ヘリコプター、潜水艦などへの興味を
もっともっと高めてほしいのです。
自動車はすぐに交通事故を起こしてしまう乗物から開放されていません。
ジェットエンジン自体、
これからはもっともっとエネルギー開発が大変革されるでしょう。
社会インフラで、スマート・シティやスマート・グリッドになれば、
自動運転、自動走行、情報機器性能が進歩するはずです。
となれば、自動車業界内部だけの技術進化はまったくノロマなものです。
イメージを空中高く、飛ばしきってほしいと思います。
このジェットはもちろん、戦闘機も持っていたいモノです。


tag: 1400万ドル, 60XR, LEARJET社, P16, アンティーク, インテリアデザイン, エネルギー開発, カーデザイナー, クルーザー, コードマネージメント, スイス, スマート・グリッド, スマート・シティ, ビジネスジェット機, フェールセーフデザイン, プロダクトデザイナー, プロフェッショナル, ヘリコプター, メーカー, モトローラ, 交通事故, 形と性能, 新車, 最高高度, 潜水艦, 燃料タンク, 空力特性, 脱構築, 自動走行, 自動車デザイン, 自動車技術, 自動運転, 記号論, 論文作成, 車載ラジオ, 電子回路, 電気自動車, 飛行機


目次を見る

2 Responses to “「自動車デザインはもっとビジネスジェット機から学ぶべきだ」

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:07 AM on 9月 14th, 2017

    [...] * 『これは最適ではない・誤った車椅子対応車輌デザイン』 * 「自動車デザインはもっとビジネスジェット機から学ぶべきだ」 * 『エアーバック不始末事故:予想されるチャイルドシート設計』 tag: [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:16 AM on 11月 5th, 2017

    [...] * 『若き日、「東京家具見本市」で二人は学んでいた』 * 「自動車デザインはもっとビジネスジェット機から学ぶべきだ」 * 『HUSATとしての「シーティングエンジニアリング」』 [...]


This entry was posted on 水曜日, 1月 9th, 2013 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.