kazuo kawasaki's official blog

「『盆栽』・・・人生で多分し忘れたコトだと思う」





間もなく、64歳を迎えます。
しみじみと思い起こすことがあります。
それは「盆栽」です。
40歳の頃でした。
NHKの教養番組で「盆栽シリーズ」を全部観たことがあります。
もの凄い衝撃を受けました。
なるほど、これは凄い日本の伝統的な文化、
その極地だと思いました。
それで、早速、東京の専門店にも何度か通って手ほどきを受けて、
入門的なことを試みましたが直ぐに枯れ果てました。
これは絶対に小学校時代から教育基本法的にも
鍛えておくべきことではないだろうかと思いました。
それから、この大阪に来てから、トライしましたが、駄目でした。
そういえば、祖父が育てていたのを何の興味も持たず、
あれは年寄りがやるもの、と思って観ていたものです。
父は、蘭栽培では自宅の庭に温室を作って、
品評会にまで出すほど、リタイア後にやっていました。
今も福井の実家の倉庫には蘭独特の植木鉢が相当に残っています。
人生で、「し忘れたコト」と尋ねられたら、
私は「盆栽」と答えるでしょうし、
それは小学校時代から知識と技術を身に付けていたら、
それは凄い人生そのものの文化になるのではないかとすら思うのです。
写真は、オークションで40万円近くする作品です。
これが好みではありませんが、日本人が「自然と対話する根本」を、
さらに深めて、このミクロな自然制御を成し遂げて、
「美」の世界観を日常化しています。
きっと読者諸兄の中には、
「そうだよ、私の得意趣味分野」とか言われようものなら、
私は最大の敬意を払うことになるでしょう。
伝統的な芸術というわけではありませんが、
明らかに、「デザイン行為」が潜んでいる知見と技術表現が、
自然そのものに寄り添っているのです。
わが人生について、作品集自叙伝を準備しています。
「終章にむかって」という序文を書きながら、
私が「し忘れたコト」は、「盆栽」だったということです。
だから、今は盆栽の写真集で凄いのがあったらと探している始末です。


tag: 40歳, 64歳, NHK, オークション, デザイン行為, 世界観, 人生, 伝統的な文化, 写真, 大阪, 対話, 小学校時代, 年寄り, 技術表現, 教育基本法, 教養番組, 文化, 日本, 日本人, 東京, 根本, 極地, 盆栽, 盆栽シリーズ, 知見, 祖父, 福井, 終章, , 自宅, 自然, 芸術, 蘭栽培, 衝撃, 読者諸兄


目次を見る

One Response to “「『盆栽』・・・人生で多分し忘れたコトだと思う」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 6月 5th, 2017

    [...] ヨンはフランスメーカーですが、デザインは評価しかねます。 * 「『盆栽』・・・人生で多分し忘れたコトだと思う」 * 「ブライスというたかが人形に、されどの本質」 * 『念 [...]


This entry was posted on 金曜日, 1月 18th, 2013 at 12:30 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.