kazuo kawasaki's official blog

「テロという名の殺戮に怒りを込めて」





アフリカ、私には想像の及ばない場所です。
アルジェリア、きっとあの場のフランス軍の傭兵部隊は、
戦争映画などのイメージを超えるほどの
戦争以上の現実地獄が存在するのでしょう。
彼の地は戦国時代最中のはずだったのです。
テロリズム、このことばは「戦争」や「軍事」や「殺戮」を
どれほど曖昧にしている概念でしょうか。
日本の商売はこの地においても「正義性」をもっていたのかもしれません。
しかし、私は、わが国が敗戦国家として、
軍隊も持たずに世界への進出を
さも「グローバリズム」とどこかで礼賛していることを、
訝しさと偽善的な国家観を拭い去ることはできません。
パスポートには、明確に、「わが国民を絶対に護れ」と記述がありますが、
そのバックグラウンドの制度を私たちは本当は、真実は、
空白なのです。
もし、邦人が拉致され、人質になったなら、
訓練された軍人という職能家が、直ぐにも乗り込んで、
独自の戦術で奪還してこそ、
「国家」であり、「国際的存在性」があるのではないでしょうか。
政治家でも拉致されて、命拾いした人物でなければ、
その残酷さと残忍さなど分かるはずがないのです。
商売をやらせてやっているという低レベルの国家との関係、
その中で「人命優先の申し入れ」なんてありえません。
もし、
自分の家族が、友人が、いや同胞がこのような極限に出逢ったなら・・・
哀しみではなくて怒りがあるべきでしょう。
私は、いじめ問題、さらには体罰問題、聖職と言われる職能の破廉恥さ、
日本の根底にしっかりと根を張ってしまっている不甲斐なさを
思い知るべきでしょう。
わが国には「武士道」という崇高な危機管理システムの伝統がありました。
あの国家が、見せつけてくれたのは、
ほら、日本が商売されている装置システムは無事でしょう、と。
同胞17名中、10名は未だ分からず、でいいのでしょうか。
資源ほしさ、商売だから、それがグローバリズムの根幹なら、
準備すべき制度は、日本には、日本人にはテロリストは、
「とても怖いから」というイメージを植え付けるべきなのです。
まさに「孫子の兵法・用間」、
その制度とその具体化デザインであるべきです。


tag: いじめ問題, アフリカ, アルジェリア, イメージ, グローバリズム, テロ, テロリズム, バックグラウンド, パスポート, フランス軍, 体罰問題, 傭兵部隊, 危機管理システム, 商売, 国家観, 国民, 国際的存在性, 地獄, 奪還, 孫子の兵法, 想像, 戦争, 戦国時代, 戦術, 拉致, 政治家, 敗戦国家, 日本, 正義性, 武士道, 殺戮, 用間, 空白, 聖職, 職能家, 装置システム, 資源, 軍事, 軍人, 軍隊


目次を見る

2 Responses to “「テロという名の殺戮に怒りを込めて」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 1月 7th, 2017

    [...] 「デザインコンテクストの商売利用」に、この条項を与え直します。 * 「テロという名の殺戮に怒りを込めて」 * 「アーティスト、デザイナーにだけ降りてくること」 * 「グロ [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 4月 13th, 2017

    [...] もしれません。 安寧であった日本国家の防衛が最大問題なのです。 * 「テロという名の殺戮に怒りを込めて」 * 「同胞を救出せよ=わが国の最大的政治問題である」 * 「海底 [...]


This entry was posted on 火曜日, 1月 22nd, 2013 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.