kazuo kawasaki's official blog

「世界中が・March.11.2011ならば・・・」





海外がはるかに多いのでは、と感じています。
今回の日本の国難、大地震・大津波、そして原発事故です。
すでに2年が過ぎ去ろうとしています。
「March.11.2011」と
「Fukushima Daiichi」は合い言葉になっているようです。
3月10日に私はパリ市内で原発廃止の大きなデモに出会いました。
フランスはいち早く、太陽電池も風力発電よりも、
原発で電力輸出国家になっています。
以前、私が原子力バッテリーのデザイン開発に関わっていたとき、
フランスのある市長から、フランスに来ないかと誘われました。
それほど、フランスが原子力発電に未来を見ていた国家です。
にもかかわらず、福島第一での原発事故が与えた影響は大きかったのです。
市民はすべからく騙されていたのでしょう。
かく言う私は、
未だに、原発阻止には反対です。
確かに、私自身、今回の大地震と原発事故を見逃すわけにはいけません。
しかも、
フランスは原発事故収束に大統領と原発企業までが日本に来ました。
これこそ、「危険だ」と私は直感しました。
案の上、フランスは「何も出来なかった」のです。
しかし、あの馬鹿な前政権はいくら支払ったのでしょうか?
以後、あの原発事故が明白にした情報には、
大勢の人身御供のおかげで、
どれほどのことを原子力発電技術を学び直したでしょう。
私はこのデモ隊とすれ違いながら、
マスコミ報道の恐ろしさと
今回の原発事故が覆い尽くそうとしていることです。
原子力発電は、今後も人類が覆い隠すことではありません。
最も正当な原発事故の原因を明確にすること。
● ウラン239とウラン240という自然界非在を発生する、
   プルトニウムから開放されること。
● 建設原発を生産超小型原発にすること。
● 決して後進国である中国などに原発を委ねないこと。
● 原子力技術は正当な工学技術として、
   日本がこれからもトップ先進国であること。
私は、この大きなデモを傍観しつつ、まともな写真は撮れませんでした。
しかし、国際放送で「March.11.2011」をいやというほど聞きました。
なのに、帰国したら原発事故関連は本当に報道そのものが忘れています。
私は、「危機管理工学へのデザイン導入」の筆頭に、
この「原子力工学へのデザイン主導学際化」を
絶対に試みると考えています。


tag: Fukushima Daiichi, March, March.11.2011, ウラン239, ウラン240, デモ隊, トップ先進国, フランス, プルトニウム, 中国, 人身御供, 危機管理工学へのデザイン導入, 原子力バッテリー, 原子力工学へのデザイン主導学際化, 原発事故, 原発企業, 原発廃止, 合い言葉, 国家, 国難, 大地震, 大津波, 大統領, 太陽電池, 日本, 生産超小型原発, 福島第一, 電力輸出国家, 風力発電


目次を見る

One Response to “「世界中が・March.11.2011ならば・・・」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:06 AM on 6月 22nd, 2014

    [...] 『電力の自由化と電気の自由化があります』 「世界中が・March.11.2011ならば・・・」 『中国の月面着陸ロケットの思惑・範原発を!』 tag: 3.11, [...]


This entry was posted on 月曜日, 3月 25th, 2013 at 12:00 AM and is filed under kibou2, madei, 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.