kazuo kawasaki's official blog

「私の教授室にはドラフターは2台」





私は名古屋市立大学時代の2004年に、
大阪大学大学院工学研究科に新設された「フロンティア研究機構」に
「特任教授」で呼ばれました。
なんでもグローバルCOE(大学研究開発)を東大と阪大がテストケースで、
公立からの招聘も私が最初だと、
退任間際に招聘していただいた初代機構長から言われました。
そのときに現在の研究棟に私の部屋は、
私の想いの実現をしていただきましたが、
周囲の壁面すべてに天井から水を流すことは、
費用面からも駄目ゆえ納得しました。
当時の研究棟はフロンティア研究機構事務棟であり、
各部屋は、すべてが木材自然材それぞれでした。
木材毎(松・桜・楓・欅など)の環境計測が目的化されていましたが、
私は「電磁波防御に自然水の壁面落下」をアイディアにしていました。
3月末に阪大は退任しましたが、
今後は、「危機解決産業創成デザイン重要拠点」として、
「危機管理工学プロダクトデザイン寄附講座」を引き受けました。
そこでわが研究室には、
あえて私の所有する伊製の製図台を2台持ち込みました。
製図台では最高のモノであり、パソコンが出始めた頃に、
バーゲンだったのを求めたモノで福井・名古屋・大阪と使っています。
また、2004年末にEIZO・(株)でエンジニアに、
世界で最高のモニターを創ったら、
市価はいくらになっても構わないというままに製造商品化しました。
当時、もう17インチが15000円程度ですが、70数万円しました。
しかし、結局、今では「印刷モニターの基本技術」になっています。
また、大手自動車メーカーではデザイン部門に70台出荷できました。
そのモニターに3年がかりでキーボードメーカにてデザイン開発の
「触覚フィードバックの鏡面キーボード・マウス」です。
この触覚フィードバックのキーボード技術は、
次回の上海モーターショーで発表するために、
その企業社長と商品発表や展開を近々会う予定です。
世界で最高のTVやオーディオも完備させた部屋です。
私は、大学の教授室こそ、
世界で最も先端的に進化したモノや、
人間の想像世界の必需品があるべきだと考えています。
私の部屋は、阪大学生が「マトリックス・ルーム」と名付けてくれてます。
フォトニクスセンター長は私を招聘していただいた教授です。


tag: EIZO・(株), アイディア, エンジニア, グローバルCOE, テストケース, ドラフター, パソコン, フォトニクスセンター, フロンティア研究機構, マウス, マトリクス・ルーム, 上海モーターショー, 伊製, 危機管理工学プロダクトデザイン寄附講座, 名古屋, 名古屋市立大学, 大学研究開発, 大阪, 大阪大学大学院工学研究科, 想像世界, 教授室, 東大, , , , , 特任教授, 研究棟, 福井, 製図台, 触覚フィードバック, 鏡面キーボード, 阪大


目次を見る

2 Responses to “「私の教授室にはドラフターは2台」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 6月 3rd, 2014

    [...] すなわち、手にこそ才能が息づいていると確信しているほどです。 「私の教授室にはドラフターは2台」 tag: デザイナーの才能, 倍率, 先天的筋肉と腱, 名古屋市立大学芸術工学部, [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:07 AM on 6月 10th, 2017

    [...] * 『実寸大の馬が32階の自宅にいる!』 * 「私の教授室にはドラフターは2台」 * 『見詰める光は「あかり」になるという事例』 [...]


This entry was posted on 金曜日, 4月 5th, 2013 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.