kazuo kawasaki's official blog

「軍需こそデザインによる革新の真の目的」





私たちは間近に狂気の国家に苛まれています。
この国家には拉致された同胞が生きていますが取り戻せません。
それどころか、私たち国家をミサイル攻撃を加えようとするあり様です。
ここ数日苛まされています。
私は彼ら指導者だけを全滅させるべきと正直思っています。
ミサイル配備とともに、消滅させることは時代として当然です。
そして、「軍需産業は不可避」です。
ただし、原爆や原発、そして平和を謳歌した私たちは、
「新しい知恵」、すなわち、
全世界から新たな軍事手法の大変革が必要です。
それは、大量殺人をしない新たな軍事です。
軍事脅迫や軍事暴力を革新するデザインが必要だと考えます。
具体的には、命を奪う方法論を消去して、
「失神状態にて暴力の完全防止」させる新たな軍備物品の発明です。
そうした新たなデザインされたこと、
命を剥奪させない「軍需産業」を日本が提示することです。
たとえば、現在、
わが国の警官は拳銃を「警察権力のシンボル」にしています。
万一、発砲すれば裁判にかけられるほどの大事件になります。
しかし、警官は拳銃の練習では200万発の銃弾が必要と言われています。
しかし、本当に使われる銃弾=警官としての義務発砲は10数発。
もしそれを実行すれば「罪人」になってしまう国家です。
無論、押しつけられた憲法では軍隊を持っていませんが、
私たちの自衛隊は見事に国際的には軍隊です。
その軍隊が国家窮乏の時、拉致被害者になったとき、
海外で同胞が生死を軍事行動に晒されたとき、
私たちは軍隊ではないかぎり、何もできません。
であるならば、私たちの知恵は、
人命剥奪の戦争を永久に停止する新たな軍備・軍需をデザインすべきです。
専制政治で狂い果てている国家のために、
私たちは苛まされていてはなりません。
私たちは「創ることで問題を解決」していく国家・国民であるべきです。
まだ攻撃してこない狂気国家を見ながらも、
私たちは新しい軍備=殺人行動を
決して起こさせない産業化をしていくことです。


tag: 200万発, デザイン, ミサイル攻撃, 全世界, 原爆, 原発, 同胞, , 国家, 大事件, 大変革, 大量殺人, 失神状態, 威嚇, 平和, 拉致被害者, 拳銃, 方法論, 狂気, 発砲, 罪人, 自衛隊, 裁判, 謳歌, 警官, 警察権力のシンボル, 軍事手法, 軍事暴力, 軍事脅迫, 軍備物品, 軍隊, 軍需, 革新


目次を見る

2 Responses to “「軍需こそデザインによる革新の真の目的」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    7:13 PM on 2月 3rd, 2017

    [...] * 「拉致問題解決が先決、現代問題解決は不可能を表徴」 * 「軍需こそデザインによる革新の真の目的」 tag: Apple社, EU, オバマ, オバマ礼賛, キリスト教教義, コンサルタント, [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    2:51 AM on 5月 26th, 2017

    [...] * 『欧米が未来のモノづくりとした大間違い』 * 「軍需こそデザインによる革新の真の目的」 * 「素材革新での造形言語が与えた影響は形態言語すら変更」 * 「 [...]


This entry was posted on 土曜日, 4月 13th, 2013 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.