kazuo kawasaki's official blog

「『突然変異』・決して起こってほしくないこと」






私自身、ウィルスの怖さは身体的に熟知していると思います。
だから、私が最初に懸命に読んだ論文は「狂牛病」でした。
英国の医学系論文誌にこれが掲載された3年後に、
日本で一般的な話題になりました。
それから、
『ウィルス発生の突然変異』が気がかりの一つになりました。
様々な『突然変異』が起こっています。
私のふるさと福井の海の越前クラゲも、
中国河口での工業廃水での変異現象でしょう。
そして、この『突然変異』は、
地球の温暖化や急激な経済活動での結果。
この二つに間違いないと私は判断しています。
なんと言っても、
日本列島に熱帯地方生息の生物が現れれば、
これは『突然変異』を必ず引き起こすものと考えています。
したがっておそらく、
私たちが知らないこの現象は、
増加していると考えておくべきでしょう。
最近、鳥インフルエンザが決定的な死因になってしまいました。
私もまさかと思っていたインフルエンザで2度も入退院をしましたが、
インフルエンザの起因菌は、一段と強化されているようです。
それが、中国で、確実に起こって、
死者が出てきているという報道は相当に疑わしいと思っています。
中国の報道にはまったく信憑性は皆無でしょう。
そして、私がこの鳥インフルエンザどころか、
かつて亜熱帯だった日本列島の自然気候現象が変貌したかぎり、
私たちが想像もしていなかった、
『突然変異』が発生する可能性は進化しているでしょう。
熱帯の蚊が北緯を上げ、その蚊などを媒介にしたり、
中国のスモッグが、
わが国の自然界で新たな『突然変異』を起こすと考えられます。
私が取り組み始めた「危機管理デザイン工学」では、
この想定が相当に大きな位置を占めていくと思っています。
新たなウィルスに対する危機管理は、
医工学と直結して「命の安全性」をデザインしていくことになるでしょう。
そういう意味では、書き切れないほどの『突然変異』を想像し、
必ず、想定内としての「危機解決」が望まれるものと考えています。


tag: ウィルス, スモッグ, 亜熱帯, 信憑性, 入退院, 北緯, 医学系論文誌, 医工学, 危機管理デザイン工学, 命の安全性, 地球の温暖化, 報道, 変異現象, 工業廃水, 懸命, 掲載, 日本列島, 熟知, 熱帯, 熱帯地方, 狂牛病, 突然変異, 経済活動, 自然気候現象, 英国, , 起因菌, 越前クラゲ, 身体的, 鳥インフルエンザ


目次を見る

2 Responses to “「『突然変異』・決して起こってほしくないこと」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 9月 7th, 2014

    [...] 『流行の根源である伝染病は人類の破滅道理なのか』 「『突然変異』・決して起こってほしくないこと」 tag: デング熱, トンボ・蝶々・蛾・甲虫, ヒトスジシマカ, 亜熱帯, [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    3:06 AM on 8月 1st, 2017

    [...] * 『デング熱は風土病ゆえにもっと厳密なジャーナリズム報道を』 * 「『突然変異』・決して起こってほしくないこと」 tag: TVニュース, きょうかく, オオミズアオ, シマスジ蚊, デング熱, [...]


This entry was posted on 火曜日, 4月 16th, 2013 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.