kazuo kawasaki's official blog

「3Dプリンターは自己増殖する起点を修正する」





光造形システムが落ち着き始めた頃に、
手の上の温度で融解する程度だったサンプルが、
3Dプリンターとなって、
その将来性が云々されるようになりました。
「RepRap Project」が米国で一躍注目されて、
簡単に単純な構成の装置でプリントアウト出来るようになりました。
しかし、あくまでも素材は0.6mmの素材が
まさにソリッドワイヤーのままですから、
トポロジー形態を作成するには、
ここでもサポートとノズルへのプログラム化が必要です。
国内でも早速3Dプリンターを取り入れたカフェや団体が登場しています。
私は、あくまでもサポートと素材に拘っています。
日本流のアレンジメントを創出し、
新素材やその供給方法を一般化しなければなりません。
3Dプリンターは「パンドラの箱」とまで大仰な表現が登場し、
この装置での商売が始まってきましたが、
欠落していることがあり過ぎるようです。
まず、これを本当に使いこなす「技」は、
本当に限定された人物だけしか使えないことや、
肝心のネットワークでのバーチャルシステムも出来てはいません。
米国流は必ず破綻する時間が早いはずです。
光造形システムのアイディアも、
元来は日本人だったのです。
大統領が3Dプリンターの実際も分からずに
声明するのは選挙のためにすぎません。
やはり、これが「自己増殖するシステム」であり、
そのための「新素材」であり、
供給さえも自己増殖させるサーバーも、
すべからくこの日本で完成させる必要があるでしょう。
とりあえず、米国でのアイディアを日本で根本の改革を成し遂げ、
3Dプリンターで革新させる「技術」そのものを、
「Made in Japan」の確実性と信頼性を築くべきでしょう。
私はそのことを可能にする少数の人たちを結びつけます。
その進展に期待をしてください。


tag: 3Dプリンター, RepRap Project, アイディア, アレンジメント, カフェ, サンプル, サーバー, ソリッドワイヤー, トポロジー形態, ネットワーク, バーチャルシステム, パンドラの箱, プリントアウト, 一般化, 一躍注目, 云々, 作成、サポート、ノズル、プログラム化、国内、早速, 供給, 供給方法, 信頼性, 修正, 元来, 光造形システム, 単純, 可能, 商売, 団体, 声明, 大仰, 大統領, 将来性, , 技術, 拘って, 新素材, 日本人, 日本流, 時間, 期待, 根本, 構成, 欠落, 温度, 登場, 破綻, 確実性, 簡単, 米国, 米国流, 素材, 肝心, 自己増殖, 融解, 装置, 起点, 進展, 選挙, 限定, 革新


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 火曜日, 4月 30th, 2013 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.