kazuo kawasaki's official blog

「私の小さなふるさと・福井県」





私は福井生まれですから、ふるさとは福井県です。
18歳まで暮らし、浪人1年は大阪でした。
大学は金沢市、35年ぶりに、
私にとって最大の個展=金沢21美術館 で開催しました。
30歳でUターンをして、47歳からは名古屋で大学人になり、
大阪もすでに8年目になります。
私の福井県はかつては人口が80万人ほどでしたから、
話題になるのは、敦賀市にある原発です。
それも「核燃料サイクルの是非」と「活断層と原発」、
ゆえに、敦賀原発の廃炉化が大きな国家問題になっています。
これから私がここで真実を語るとするなら、
個人見解とは決して思われないでしょうし、
大学人としての話となれば、おそらく、賛否両論どころか、
反論もすでに想像の準備とその容易さも可能です。
だからと言って「黙認・黙秘」はとてもしかねる性質です。
したがって、
これは正確な情報としてまとめておきたいと考えます。
まず、「道州制」になれば、福井県は二分されるでしょう。
北陸トンネルをはさんで嶺南(小浜・敦賀)と嶺北です。
活断層と地震の関係はまだ懸念性でしかありません。
再生エネルギーの可能性は皆無です。
原発での現材料・プルトニウム=ウラン各種には限界があります。
もはや、寿命の期限が想像できる私には、
正直、2050年=私が100歳以後にはなんら想いはありません。
しかし、2300年までの予測や西暦9000年前までは、
結構詳細に記憶しています。
私は、おそらく、そのような事までの記憶から推測、
さらには、現代の情報への正確さを見極めるのは、
幼少の頃から高校時代までに、
そうした能力の基礎が出来るのではないだろうか、と思うのです。
それが、結局は、「ふるさと」が、
その人自身のアイデンティティだと判断しています。
私のふるさとは、
少子化もあってか「小さな県」だと思っています。
しかし、私が最も得意とする1800年代については、
つい最近、ふるさとのある市長に、
私が知っている古文書をもう一度読みたいと手紙を書きました。


tag: 100歳, 18, 1年, 2050年, 2300年, 35年ぶり, 47, 80万人, 8年目, Uターン, ふるさと, アイデンティティ, ウラン, プルトニウム, 予測, 再生エネルギー, 北陸, 北陸トンネル, 原発, 可能性, 名古屋, 国家問題, 地震, 大学, 大学人, 大阪, 容易, 寿命, 小浜, 少子化市長, 嶺北, 嶺南, 廃炉化, 情報, 想像, 敦賀, 敦賀市, 期限, 核燃料サイクル, 活断層, 浪人, 現材料, 福井県, 西暦9000年, 話題, 賛否両論, 道州制, 金沢市, 高校時代, 黙秘, 黙認


目次を見る

2 Responses to “「私の小さなふるさと・福井県」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 2月 26th, 2017

    [...] * 「見えることの安心・信頼そして不思議」 * 「私の小さなふるさと・福井県」 * 『宇宙開発の信頼・安全性工学からデザインが学ぶこと』 [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:03 AM on 9月 13th, 2017

    [...] ったと思います。 カマロは11年間、マイナーチェンジが無い車せした。 * 「私の小さなふるさと・福井県」 * 『思い出の38豪雪と56豪雪、雪と対決してきた我が人生』 * 「車イ [...]


This entry was posted on 土曜日, 5月 25th, 2013 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.