kazuo kawasaki's official blog

「20年追い求め、やっとその時代到来か・・・」





「スカウター」と名付けました。
エスノグラフィーという民族の個人的な、
視覚性と情報性を考えて見れば、そこに必要な情報を。
この思考を20年熟考してきたのかもしれません。
大学人になる前に、ある大企業とある省庁とへの提案は、
すぐにベンチャー企業ができました。
しかし、この発想はとても早すぎたのでしょう。
「売れること」より、技術進化の方向を示していました。
1996年、大学人になって、
この提案は「ディレクター」で制作し中国の学会で発表しました。
それ以来、私にとりついた技術展開概念とデザイン対象でした。
私は「映像」を全体像で追いかけてきた実感があります。
当時思いついていたアプリケーション、
自転車競技、カーレース、学術用途、医学・手術、音楽など、
この領域にこれは最適な、言わばヘッドマウントディスプレイ。
私が、気づいたのは、
目の前が真っ暗な映像が見えるモノは船酔いすることでした。
これは人間の生理がまったく受け付けない代物ということです。
にもかかわらず、未だにこの商品化をしている企業は実験不足。
話題になっているGoogle Glassは、
元のアイディアは日本産だと断言できます。
現在、評価版があるらしいのですが、
私は根本で4つの疑問を持っています。
今それを明らかにすることはできませんが、
この4つを日本が進化させたなら、
彼らのあの商品価値は劣ることは間違いありません。
20年前の発想は、何も変える必要はありません。
私は、「技術がデザインを実現できなかった」と思っています。
ということは、
デザインは常に技術への提言を持っているべきだと考えます。
たとえば、Apple社は、かつて「Knowledge Navigator」という、
パソコンが秘書になることを提言していました。
現在すでに、iPadであれ、Cloudであれ、
私たちの日常には、当時のデザイン思考以上の志向性があります。
デザインは100年先を考えていいわけです。


tag: apple, Cloud, Google Glass, iPad, Knowlage Navigator, アイディア, アプリケーション, エスノグラフィー, カーレース, スカウター, ディレクター, デザイン, デザイン対象, デザイン思考, パソコン, ヘッドマウントディスプレイ, ベンチャー企業, 人間の生理, 企業, 全体像, 医学, 商品化, 売れること, 大企業, 大学人, 学会, 学術用途, 志向性, 思考, 情報, 情報性, 手術, 技術展開概念, 技術進化, 提言, 日常, 日本, 日本産, 映像, 民族, 発想, 省庁, 秘書, 自転車競技, 船酔い, 視覚性, 評価版, 音楽


目次を見る

One Response to “「20年追い求め、やっとその時代到来か・・・」”

  1. Sash Windows Easter Kinkell
    3:39 AM on 10月 16th, 2014

    Sash Windows Easter Kinkell

    Kazuo KAWASAKI’s official Blog | 企望を「までい」実現へ


This entry was posted on 火曜日, 6月 11th, 2013 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.