kazuo kawasaki's official blog

6月28日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



6月28日 乙丑(赤口)


倒錯するというのは、
ある類の感覚的な満足感を
習得するための手法が、
一人一人の心理的な困難さの
反映が下敷きになった場合に、
他人から観察すれば、
異常な行為の発見に
なるということである。



『デザインの極道論』倒錯


tag: 倒錯, 川崎和男のデザイン金言, 満足感, 観察


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 金曜日, 6月 28th, 2013 at 9:30 AM and is filed under APHORISM. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.