kazuo kawasaki's official blog

「デザインはその発祥から政治的な政策思想だった」





デザインの歴史を語るときには二つの説があります。
人間・ホモサピエンスは、
モノづくりにデザインを考え実行が設計だったという説。
もう一つは、ロシア・アヴァンギャルド時代に、
革命という政治活動を支援する芸術手法がデザインという説です。
私は、デザイン史には、必ず後者を選びます。
デザインという職能は、当初から革命という政治手続きを支援、
まさに、国を変革する策略であったということです。
だから元来は、革命的な政治思想を具体化する手法だと考えます。
ロシア・アヴァンギャルドは、結局、ソ連が崩壊したように、
革命を政治的に成功するともに、いわゆるデザイナーたちは、
虐殺もしくは自死したとして抹消されていったのです。
その代表人物に、私は、V.マヤコフスキーをあげます。
彼の思想が見事に政治思想に転化されてしまった系譜を再考。
彼は、自死とも拷問死ともいわれ不明ですが、
「われわれに新しい形態を!・・・号泣が聞こえてくる」、
このことばを常にいだいて世の中、企業、政治を見てきました。
したがって、ロシア・アヴァンギャルドでは、
建築・舞台芸術・日常用品・ファッションはすでに完成でした。
この成功されていた手法が応用美術からバウハウスなどに
面々と連鎖していきました。
よって、この連綿たる美的な思想から逸脱している模倣や、
すでに存在していたモノのモノマネには常に非難・批判しました。
結果、私自身のデザインは、彼らの理想主義=問題解決、
そして、理想を呼び込む未来志向こそ「デザインの本質」が結論。
ソ連の崩壊は、見事に彼らの思惑通りで有り、共産主義の全否定。
私は、たとえば「グランドデザイン」や、
さらに、理想体制趣旨を「マニフェスト」はデザイン用語です。
現在、わが国は、あるいはわが国だからこそ、
この「国難」には二つの人類の理想テーマが問題です。
地球環境=自然と人類は決して調和などできないから・・・
原発事故=人類が存続する水・食糧・電力はどうあるべきか・・・
だからこそ、「デザイン」をようやく国策の実務にするべきです。
私の最期のデザイン活動には、国策への「デザイン導入」、
これが私の「行学」としての役割だと考えています。


tag: V.マヤコフスキー, われわれに新しい形態を, グランドデザイン, ソ連, デザイナー, デザイン, デザイン史, バウハウス, ファッション, マニフェスト, モノづくり, モノマネ, ロシア・アヴァンギャルド, 人間, 共産主義, 問題解決, 国難, 地球環境, 建築, 応用美術, 思想, 手法, 批判, 拷問死, 政治思想, 政治活動, 日常用品, 模倣, 歴史, , 理想テーマ, 理想主義, 職能, 舞台芸術, 芸術手法, 電力, 非難, 革命, 食糧


目次を見る

One Response to “「デザインはその発祥から政治的な政策思想だった」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:21 AM on 7月 30th, 2017

    [...] * 『乳牛は決して美味しいミルクを絞り出すわけではない』 * 「デザインはその発祥から政治的な政策思想だった」」 tag: B倍全, イラストレーション, インダストリアル, インダストリアルD界, [...]


This entry was posted on 木曜日, 8月 1st, 2013 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.