kazuo kawasaki's official blog

「この技術はデザインによって大変革の時期がきた」





鏡面平板にキーボードをデザインしました。
Mac用には「Touching Feedback Keyborad」は実現しました。
しかし、すでにkeyboard入力に終焉をつけたと思っています。
もはや、映像照射されたキーボード入力にFeadbackが実現します。
かつて、触覚フィードバックをHAPTICと呼んでいましたが、
すでにこの言葉は企業名になりましたから、使えません。
だからと言って、この企業の技術進化はストップしています。
あらためて、触覚フィードバックは、
鏡面平板のキーボードからも解放されなければいけません。
つまり、技術進化の方向はデザインが一つの結論を出しました。
それは、空中に存在する映像=バーチャルな文字入力、
この入力時に「触覚フィードバック」が可能になってきたことです。
私はあらゆるキーボード、タイプライターからPCまでの、
きわめてエポック的なキーボードを使用してきましたが、
結論は、バーチャル的文字盤とその触覚性能でした。
私はこれらの技術進化をするのは「デザイン先導」だと思います。
まさしく、先般も米国との打ち合わせの中では、
デザインによる技術進化が求められその意味を実感した次第です。
現在、この映写技術には距離感があります。
この距離感を瞳孔距離と一致させれば、モノは消滅するのです。
必要な技術は「触覚フィードバック」と、
その使い勝手ユーザビリティに見合った相互性能性です。
すなわち、インターラクションデザインでの方向性提示です。
結局、最も重大なことは、技術進化を促すデザイン先導力。
そして問題はデザイナー自身の技術認識力になるでしょう。
確かに、インターラクションデザインは、
プロダクトデザインの大きな一分野になっていますが、
この力量が、websiteに反映されているだけでは無意味です。
是非とも、デザイナー自身がバーチャル領域での、
基本的なインターラクションとフィードバック感覚、
これらの実感的認識をモノの世界に持ち込むことだと思います。
たとえば、車の運転においても触覚フィードバック車両開発は、
国際的にも遅れていることは事実です。


tag: Feadback, HAPTIC, mac, PC, website, インターラクションデザイン, エポック, キーボード, タイプライター, デザイナー, デザイン, デザイン先導, バーチャル, プロダクトデザイン, ユーザビリティ, 大変革, 打ち合わせ, 技術, 技術進化, 文字入力, 文字盤, 映像, 映写技術, 瞳孔距離, 米国, 触覚フィードバック, 触覚性能, 言葉, 距離感, 鏡面平板


目次を見る

One Response to “「この技術はデザインによって大変革の時期がきた」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:15 AM on 3月 27th, 2014

    [...] 「『鏡』の存在を知り尽くすこと」 「この技術はデザインによって大変革の時期がきた」 この投稿にタグはありません。 [...]


This entry was posted on 月曜日, 8月 19th, 2013 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.