kazuo kawasaki's official blog

「デザイン講座は制度設計と形態設計での問題解決」





『March 11. 2011』東日本大震災が立ちはだかったままです。
前政権の政府力量の皆無さをなんとしても解決するべきだと、
私は大学を去るにあたって、最も大きなストレスでした。
ところが、退官後も阪大に残りました。
あらためて、デザイナーと大学人を残った人生の役割にしました。
名古屋市立大学で大学人になってからも、
プロのデザイナーとして作品を商品化して、
産業経済の実務家としても、それ相応の仕事と使命を自覚。
それこそ父から言われ続けてきた「行学」を続けてきたはずです。
あらためて、「行学」についてまとめると、
「行為と学業、修行と学問」を十二分に果たしてこそ、
己の生きがいと働きがいを生き様にするということです。
まして、自分の生涯で、やっと祖父や父たち世代が、
敗戦から、理想的な国家はすでに全滅瀕死の状態だと思います。
私は、デザインをまさに策略であり、問題解決の手法、
このように考えてきましたから、8年前に阪大に転籍後には、
学問領域を四つにわけて、さらに中心の実務学を配置しました。
しかし、一人でこの四つの領域を成し遂げることは不可能です。
ただし、絶対に書き残すことは、
もはやデザインを専門学校や美術系、あるいは工学系では、
とても問題解決の先導であり主導である実務手法は不可能です。
定年退任してから、私はこれまで以上に多忙になってきました。
理由は、四つの「塾」をデザイン講座先導と主導、
これらの「行学」の根本にしました。
その実務手法の目標と目的を具体的なモノとコトにしました。
何をデザインで解決した形態設計の行学だろうか。
何をデザインで解決した制度設計の行学だろうか。
私にはこの実務手法を残された時間に配置しました。
活動はこの秋、10月から活動を開始する覚悟です。
今は「国難」の時です。
それは大震災と大津波で「地球環境」を思い知ったのです。
原発事故も何ら解決していません。
けれども、先進国家のわが国だから出来るのです。
「行学」を果たす者には、最も最適解を出していくのは、
「デザイン」だから可能だと信じています。


tag: March.11.2011, ストレス, デザイナー, デザイン講座, デザイン講座先導, プロ, 世代, 仕事, 作品, 使命, 修行, 制度設計, 力量, 名古屋市立大学, 商品化, 問題解決, 国難, 地球環境, , 大学人, 大津波, 大震災, 学問, 学問領域, 学業, 専門学校, 工学系, 形態設計, 政府, 敗戦, 東日本大震災, 目標, 目的, 祖父, 策略, 美術系, 自覚, 行学


目次を見る

2 Responses to “「デザイン講座は制度設計と形態設計での問題解決」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 3月 11th, 2014

    [...] 今では「危機解決デザイン」としてのデザイン実務にしています。 「デザイン講座は制度設計と形態設計での問題解決」 『「土地の記憶」は鳥居の位置その変遷にある』 [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 5月 12th, 2016

    [...] 発想から改めて災害対策のデザインが必須だと確信しています。 *『デザイン講座は制度設計と形態設計での問題解決』 *『論理性と感性の対称性の破れ=パリティ崩壊』 *『日本の [...]


This entry was posted on 日曜日, 8月 25th, 2013 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.