kazuo kawasaki's official blog

「書店本棚での一般的な『デザイン』認識が残っている」





私はこの40余年、プロのデザイナーとして、
「デザインは問題解決のかたち的最適解を求める手法」。
この定義だけを訴求してきました。
しかし、今日も立ち寄った書店の本棚のデザイン書コーナーでは、
「装飾=デザイン」という類の著作集に混在していました。
決して、私はデザイン=装飾を否定しているわけではありません。
むしろ、今、徹底的に批判するのは、
デザイン=装飾オンリーの学校や科目、時には教科書の記述と、
装飾家をデザイン賞の審査委員になっている顕彰制度は、
私の生涯を持って、断固として批判し非難し破壊したいことです。
デザイン賞制度を傍観するとき、「この人誰?」という、
そのような顕彰制度はあってはならないと思います。
この本棚には、おそらく、デザインにとっての基準的な定本、
「口紅から機関車まで」がありました。
日本が敗戦後のタバコパッケージ「Peace」のデザイナーだった
レイモンド・ローウィ著作は元外務大臣・藤山愛一郎の邦訳。
この著作が現代の工業デザインからデザイン全般を語り、
しかもこれがその当時の外務大臣だったことに大意義があります。
デザインが問題解決の代表的な手法であるがゆえに、
デザインされた形態は空間であり、言語であり、結果、記号です。
デザインが職能として認識された民俗毎の認識が、
国際的な乖離が一時はありました。
その代表がわが国だったとも言えます。
デザインが洋装とともに一般的な認識が拡大してきたことです。
私自身、「デザイナーです」と答えれば、
「洋服の・・・」と幾たびも言われてきました。
私が、電器メーカーに就職したときも、
「ポスターを描く職業」だと思われてきました。
しかし、今、私はデザインを学ぶ学生には、
問題解決であり、未来を創生出来る唯一の職能ですということを、
最も主張しています。
すでに私の教え子も、形態設計よりも制度設計に、
デザイン手法を果たし始めています。


tag: Peace, かたち, タバコパッケージ, デザイナー, デザイン, プロ, ポスター, レイモンド・ローウィ, 元外務大臣, 制度設計, 口紅から機関車まで, 問題解決, 学校, 定義, 審査委員, 工業デザイン, 形態, 形態設計, 批判, 敗戦後, 教科書, 日本, 書店, 書店本棚, 科目, 空間, 結果, 藤山愛一郎, 装飾, 装飾オンリー, 言語, 記号, 記述, 非難, 顕彰制度


目次を見る

One Response to “「書店本棚での一般的な『デザイン』認識が残っている」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:24 AM on 4月 9th, 2017

    [...] LogとConnect nome』 * 『やっぱりamazon goが登場してしまったようだ』 * 「書店本棚での一般的な『デザイン』認識が残っている」 * 「商店街・地下街は壊れていくのかもしれない」 [...]


This entry was posted on 月曜日, 8月 26th, 2013 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.