kazuo kawasaki's official blog

「景観への精神状況がそのままファッションに連鎖している」





景観論をデザインの背後におくことに気づきました。
それも当時話題のファッション誌に連載を始めたばかりの時。
ともかく、読解困難な文章を書かないかぎり、
日本のデザインは時代遅れになり、
ことばからモノは遊離すると、30前の私は思い込んでいました。
モノの世界がことばから離れるほど、人は、その魅力を感じない。
この考え方は今も変わっていません。
なぜ、芸術も建築などその存在をことばで再度語り直すのだろう。
今もその考え方を私は強くひきずっています。
景観論の原点で、私は「光景・風景・情景」を書きました。
案の上、その連載から私ははずされました。
しかし、その頃の思考は若さがあって純粋だったと思います。
ところが、その文章に再び出会いました。
ある人のwebsiteにそれが掲載されていました。
以来、私が景観から「景気」を読み取り、
景気後退=不景気=depressionに辿りつきました。
景気や株価変動為替の動きほど世界を決定づけることは皆無です。
絶望を「死に至る病」と断言した哲学者を信頼すれば、
哲学が人間の精神をどれほど読み取り、
解説してくれるかを識ります。
結論は、不景気になれば、人は安物衣類を身に纏います。
それをmodeと呼ぶこと自体が、精神状況の表現に直結しています。
つまり景気あるいは不景気はファッションに連鎖しているのです。
世の中、世界、時代は、すべてが同義語です。
それを人は眺め、その空気に包まれるとき、流行に晒されます。
その流行を最も受け入れるのは若者の精神状況に限定されます。
ファッションが「モードの体系」でことばの中で解説されたとき、
私が驚喜したことは、そのままデザインとモノに繫がっています。
それはデザインとファッションの関係に連続し、
とりわけ、不景気とファッションの関係も、この関係だと、
私はひとまず書いておきます。


tag: depression, MODE, website, デザイン, ファッション, ファッション誌, モノ, モノの世界, モードの体系, 不景気, 世の中, 世界, 光景, 原点, 同義語, 哲学者, 存在, 安物衣類, 建築, 思考, 情景, 日本, 時代, 時代遅れ, 景気後退, 景観, 景観論, 株価変動為替, 死に至る病, 精神, 精神状況, 連鎖, 遊離, 風景


目次を見る

One Response to “「景観への精神状況がそのままファッションに連鎖している」

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    1:51 AM on 6月 13th, 2016

    [...] *『高層は50階以上がいいようだ』 *『景観への精神状況がそのままファッションに連鎖している』 *『悪夢は醒めたのだろうか・・・・・』 [...]


This entry was posted on 月曜日, 9月 2nd, 2013 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.