kazuo kawasaki's official blog

「『アンチテンション』は、今ではメガネスタイルの基本だ」





メガネは仏・シルモ展で毎年の光学機器やメガネ技術が決定。
私にクライアントからの依頼は、シルモグランプリ受賞でした。
最初候補になり逃しました。日本人には無理と言われましたが、
2000年に「アンチテンション」構造でグランプリを受賞しました。
「アンチテンション」はフレームにどれだけ力がかかっても、
レンズには全くその力はかからずに、一直線のままです。
この受賞以来、「アンチテンション」のテンプルスタイルは、
一つのそれも大きなフレームデザインの方向性になりました。
おそらく、メガネフレームをデザインするときには、
レンズの指示フレームと、顔面と頭部とのフレームとは、
別個の考え方と素材選定が必要になっています。
しかし、眼鏡市場でこのスタイルを見るかぎりでは、
まったく革新的なこのスタイルを超えるモノは出現していません。
元来「アンチテンション」は発明的なデザインだと思っています。
したがって、このスタイルの進化の方策と具現化を希望してます。
私の希望は、このスタイルを乗り越えることが、
デザイン=問題解決の実務だと考えます。
私のヒントを披露してしまえば、
おそらく、安価なメガネフレームには限界があるでしょう。
また、レンズ固定に透明テグス的材質は欠点だらけです。
となれば、新素材とレンズ固定の新手法、その発明です。
これからのメガネの理想は、
レンズを無くしても以下二つが可能だろうか、ということです。
焦点距離・瞳孔距離(これが全く出来ていないモノが多い)。
だからといって、私はコンタクトレンズや、眼球保護には、
レイシックはそれほど簡単ではないことを付け加えておきます。
私自身が「アンチテンション」を必ず進化させます。


tag: アンチテンション, クライアント, コンタクトレンズ, シルモグランプリ, シルモ展, テンプルスタイル, デザイン, ヒント, フレーム, メガネスタイル, メガネフレーム, メガネ技術, レイシック, 光学機器, 問題解決, 新手法, 新素材, 日本人, 欠点, 焦点距離, 発明, 眼球保護, 瞳孔距離, 透明テグス, 革新


目次を見る

2 Responses to “「『アンチテンション』は、今ではメガネスタイルの基本だ」

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    4:14 PM on 4月 9th, 2014

    [...] 『PCメガネはドライ・アイ対策でなければいけない』 「『アンチテンション』は、今ではメガネスタイルの基本だ」 tag: [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    11:00 PM on 12月 9th, 2017

    [...] そのことを私は提言していきたいと考えています。 * 「『アンチテンション』は、今ではメガネスタイルの基本だ」 * 『アンチテンションはコピーされている福井産の革新技術』 [...]


This entry was posted on 土曜日, 9月 21st, 2013 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.