kazuo kawasaki's official blog

「デザインは記号論的な『造形言語と形態言語』での論理化」





大阪大学大学院での「博士号申請論文」の第一段階を一昨日終了。
『造形言語と形態言語』での著名作品72点の数値的な分析、
この論文は、準備論文2作が学会通過と、
学位申請本論文の内容検討をやっと終えました。
中心は、機械工学や知能創成からエネルギー流体力学、設計論の
主査・副査ゆえに、「デザイン」が学問としての
徹底検証まで6年もかかりましたが、
各工学分野からの質問で「デザイン」はとても一般化できました。
本来は、私が主査でしたが、退任にともない副査で指導教官。
これまで、デザインを問題解決の記号論的解釈には、
非常に論理的な展開で、新たな「デザイン定義」が明白になると、
私は確信して指導してきましたが、
とても納得できる質問と方向性を受けることができました。
私は最近、重大な「賞」の推薦人として、
授賞者推薦で「芸術的な知性と科学的感性」という思考を記載。
芸術を感性で受け止めずに、芸術の知識を知性で理解すること、
科学こそは知識だけでなく、直感を含めた感性の重要性だと、
推薦した人物の人格的な悟性を見つめてきました。
まさに、デザインは「かたち」で問題解決を成し遂げ、
一般的な機能性だけではなく性能性、効能性を訴求してきました。
こうした考え方の集大成が『造形言語と形態言語』にて、
デザインをする造形には意図と表現が、言語化し、
デザインされた形態には意味と内容が、言語化します。
その言語化こそ、まさに「記号」です。
ちなみに、「記号」というのは道元だったという説があります。
これは、日本記号学会が新設された最初の論文で発表されました。
私は、信号と記号に対して明確に人間と言語位置が明白です。
「信号」は人が言語を発し、
「記号」は人が言語を受け止めます。
だから、デザインは『造形言語と形態言語』で定義が可能です。


tag: かたち, エネルギー流体力学, デザイン, デザイン定義, 主査, 内容, 副査, 効能性, 博士号申請論文, 問題解決, 大阪大学大学院, 学位申請本論文, 形態, 形態言語, 思考, 性能性, 悟性, 意味, 意図, 感性, 指導教官, 推薦人, 日本記号学会, 機械工学, 知能創成, 科学的感性, 考え方, 芸術, 芸術的な知性, 表現, 言語化, 記号論, 設計論, 訴求, 論理化, , 造形言語, 道元


目次を見る

2 Responses to “「デザインは記号論的な『造形言語と形態言語』での論理化」

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 3月 6th, 2014

    [...] あらためて再熟考が必要になってきていると私は意識しています。 「デザインは記号論的な『造形言語と形態言語』での論理化」 「記号論は脱構築に向かっていった『かたち論』」 [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    1:00 AM on 4月 12th, 2014

    [...] 「ブランドを語る前に、ブランドマーケッティングの大欠点 「デザインは記号論的な『造形言語と形態言語』での論理化」 tag: [...]


This entry was posted on 金曜日, 9月 27th, 2013 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.