kazuo kawasaki's official blog

「750年をタケフナイフビレッジで革新して30年」





私は車倚子生活でふるさとに戻りましたが、
私を支えてくれた越前打刃物に取り組みました。
正直、これで「喧嘩師」を国内外にやってきたのかもしれません。
本当は5年が10年で「共同工房」を、
今は亡き建築家毛綱毅曠氏(1941~2001)との格闘で建設しました。
それが第二世代に引き継がれて20年です。
結局、私のデザイン活動の中核でもあり、デザイン成功例です。
第一世代:10名は、第二世代:15名にもなりました。
世代が変わっても、基本コンセプトを変更する意味はありません。
また、私のデザインはすでに30年もナイフの基本を創ったという、
強い自負がありますが、それだけに、
第二世代からの新作依頼は、とても苦しくて悩み抜いてきましたが、
私は、「伝統」=裏切りですから切羽詰まってデザインしました。
新たな産地の新活性化は、さらに世界的な刃物産地になります。
あらたなテーマでの研究をしてもらい始めました。
新素材も検討をつけていますし、刃物だからこそを成し遂げます。
おそらく、タケフナイフビレッジを始めた頃は、
私も30代ゆえにともかくこれが出来なければ、
デザイナーという職能を諦める覚悟で取り組みました。
それを支えてくれたのが、タケフの刃物職人のみんなでした。
産地はこれまでの経済危機にはほとんど揺るぎませんでした。
刃物作家はすでに国際的なビジネスマンにもなり、
産地には高級車もあるようになりましたが、
私は、決して「先生」ではなくて、仲間です。
私が負けそうになっても、彼らの厳しいモノづくりに励まされ、
「私たちは美しい切れ味を鍛えてます」というテーマは、
「次に私たちも美しい切れ味を鍛えていきます」という、
また「生きがい」を私に与えてくれています。
次は、第三世代を集めて、もっと未来を置き土産にする覚悟です。


tag: 30年, 750年, ふるさと, タケフナイフビレッジ, テーマ, デザイナー, デザイン, デザイン成功, デザイン活動, ナイフ, ビジネスマン, モノづくり, 伝統, 共同工房, 喧嘩師, 基本コンセプト, 建築家, 建設, 新素材, 未来, 格闘, 次に私たちも美しい切れ味を鍛えていきます, 毛綱毅曠, 生きがい, 産地, 研究, 私たちは美しい切れ味を鍛えてます, 第二世代, 経済危機, 職能, 裏切り, 越前打刃物, 車倚子, 革新, 高級車


目次を見る

5 Responses to “「750年をタケフナイフビレッジで革新して30年」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 3月 7th, 2014

    [...] 「記号づくり」+「情報づくり」、この一元化だと確信します。 「750年をタケフナイフビレッジで革新して30年」 『タケフナイフビレッジにはもっと要求する』 [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:18 AM on 6月 14th, 2014

    [...] 「タケフナイフビレッジ第二世代へ理念を伝える」 「750年をタケフナイフビレッジで革新して30年」 tag: デザイン導入, 伝統工芸の瀕死状況, 伝統工芸産地, [...]

  3. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:21 AM on 1月 22nd, 2015

    [...] これが第二世代の理念です。 『伝統工芸産地第二世代の新製品テーマ』 「750年をタケフナイフビレッジで革新して30年」 tag: NHK国際, TAKEFUmini60, TVドキュメント, さらに美しい切れ味, [...]

  4. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:10 AM on 6月 20th, 2016

    [...] *『親方二人目の褒章受勲・タケフナイフビレッジ』 *『750年をタケフナイフビレッジで革新して30年』 *『ひとりの親方が逝った・・・』 [...]

  5. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    2:31 PM on 2月 3rd, 2019

    [...] 若手が20人以上育ってきています。 *関連ブログ* 「750年をタケフナイフビレッジで革新して30年」 『伝統工芸産地へデザイン導入時の試作をやればこそ』 [...]


This entry was posted on 土曜日, 9月 28th, 2013 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.