kazuo kawasaki's official blog

『車社会は必ず大変動を起こすだろう・カーシェアリング』





プロダクトデザイナーの私は、それなりに車好きです。
カーデザイナーを育成もしましたから、
まぁまぁ、男としては乗りたい車を所持してきました。
一時期は、5台保有していたこともあります。
ところが、最近の男の子は、大学に入って免許の無い子もいます。
確実に「車離れ」も始まりました。
「カーシェアリング」を体験してみました。
私は車倚子ゆえに、まだ車倚子使用者用などはありませんから、
このシステムはすべてワイフに任せました。
パソコンで会員登録をし、IDや運転者ID、パスワード、
利用料金支払い方式などすべてをインターネットで済ませて、
東京豊洲で、iPhoneで登録した車と出会い、
あっという間に、その車を乗り回しました。
清潔な室内の車に乗って、デザイナーとしての直感は、
「所有」と「使用」という資本主義が壊れていくと感じました。
車は所有し使用するという関係は、やがて分化するでしょう。
「所有」して「使用」するというのは、大きな趣味となり、
「使用」だけでいいなら、「借用」すればいいのです。
カーシェアリングという方式をすでに行政が主導し出しています。
となると、そのためのデザインには、
これまでのカーデザインは通用しません。
カーデザインは「形態設計」だけで終わるわけではなくて、
「制度設計」をデザイナーがプランニングして、
その制度を成り立たせるカースタイリングは無くなるはずです。
おそらく、「使用」だけして、その最近辺に停車する、
そのような社会がくるでしょう。
車も「自動運転」になり、空中を飛ぶ社会を私は期待しています。


tag: ID, iPhone, インターネット, カーシェアリング, カーデザイナー, システム, デザイナー, デザイン, パスワード, プランニング, プロダクトデザイナー, ワイフ, 会員登録, 体験, 使用, 借用, 免許, 分化, 制度設計, 大学, 室内, 形態設計, 所有, 東京豊洲, 清潔, 男の子, 自動運転, 行政, 資本主義, 趣味, , 車倚子, 車好き, 車社会, 車離れ, 運転者ID


目次を見る

One Response to “『車社会は必ず大変動を起こすだろう・カーシェアリング』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 2月 7th, 2017

    [...] 社会構造の大変換が待ち受けていると想像するべきでしょう。 * 『車社会は必ず大変動を起こすだろう・カーシェアリング』 * 『人工知能には「ち」の思潮が欠落している』 [...]


This entry was posted on 日曜日, 10月 13th, 2013 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.