kazuo kawasaki's official blog

『欧米が未来のモノづくりとした大間違い』





「MAKERS」という著作によって、わが国も大ミステイク。
この著作の基盤は3D-Printingこそ未来のモノづくりという顛末。
結果、これにこそ未来があると見誤った人たちを知りました。
そこで、大阪大学の知性でこれを正当に評価して、
国内最大のイベントをしました。
そこから、私はこのブログで特に米国を追いかけました。
元来、光造形システムからのラピッドプロトタイピングも、
米国にほとんどの特許が移行されてしまいましたが、
わが国では先進的な学者によってナノやマイクロテクノロジーに、
明確にその進化方向を見定めていました。
その後、米国はわが国への廉価なプリンター輸出を停止し、
なおかつ、国外からの閲覧禁止になったwebsiteすら出ました。
気がつけば、この写真のごとく「拳銃」を3D-Printingとした、
なんとも18世紀のモノづくりを代表にするような記事が出ました。
正直、私は呆れ変えっています。
日本が創出する武器ならば、まだ拳銃に寄りかかっているのでは、
それは時代錯誤と、甚だしいモノづくり発想の相当な遅れです。
先般、国内のインクジェットプリンターメーカーとの、
「産学」共同での新たなプリンター開発契約を済ませました。
そして、この展開にふさわしい地方産業の活性化を訴求しました。
これで「産官学」体制で3D-Printerと3D-Printingを果たすこと、
そうすれば、やはり、「モノづくり」大国である日本を、
強く、国際的な先導と主導国家にすることができます。
無論、乗り越えなければならないことはあります。
しかし、3D-Printerが各家庭に入り込むのは時間の問題です。
それでも、なんでも3Dの立体物が家庭で出来上がる以前、
この流通やクラウドによるデジタルデータ制御があります。
それは、このような「拳銃」が3Dでの象徴では決してありません。
日本ゆえできる革新的な手法に3D-PrinterとPrintingになります。


tag: 3D Printing, MAKERS, website, わが国, イベント, インクジェットプリンターメーカー, ナノ, ブログ, プリンター, マイクロテクノロジー, ミステイク, モノづくり, ラピッドプロトタイピング, 主導国家, 光造形システム, 大間違い, 大阪大学, 学者, 拳銃, 未来, 欧米, 武器, 特許, 産学, 発想, 知性, 米国, 閲覧禁止


目次を見る

2 Responses to “『欧米が未来のモノづくりとした大間違い』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 5月 11th, 2014

    [...] 最初のモノづくりはこの「サーキット」から生まれるでしょう。 『欧米が未来のモノづくりとした大間違い』 「日本の倫理性が3Dプリンターの根本を変える!」 [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    2:50 AM on 5月 26th, 2017

    [...] * 『負のサイクルを即刻停止させるデザイン』 * 『欧米が未来のモノづくりとした大間違い』 * 「軍需こそデザインによる革新の真の目的」 [...]


This entry was posted on 土曜日, 10月 19th, 2013 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.