kazuo kawasaki's official blog

『デザインというスタイリングの二種類』





「デザイン」という一般化された言葉が引きずっていること。
私は大きくは「問題解決」と「スタイリング」と分別しています。
しかし、普遍的な理解は「スタイリング」に留まらず、
ほとんどは「デコレーション」です。
これには歴史的に「デザイン」というアングロサクソン系語まで、
この歴史性がピッタリと張り付いているからです。
私はデザインにはこの二つを大きく抱擁してしまう力がある、
したがって、この二つについても、さらに深い分別が必要です。
それは、「スタイリング」と「デコレーション」です。
その実例に動物の置物をあげてみます。
明らかに、一方はリアルな豹であり、
もう一方は、モダンデザインという範疇での象です。
このモダンデザインには、象をデフォルメしたスタイリング。
しかし、豹は写実性をもってリアルなデザインと言えます。
モダンデザインの象は、単なる置物を超えたスツール性能があり、
これをデザインの機能性というのは誤謬があります。
私が、この40余年「デザイン」=問題解決であり、
性能・効能・機能と明確に言い分けてきたのには理由があります。
なんといっても、ミニチュアサイズ化されたリアルな豹は、
インテリアのデコレーションでしかありません。
したがって、性能も効能も機能もありませんから、
これはデザインではなくて、明らかにデコレーションです。
インテリアデコレーターとインテリアデザイナーには、
この使い分けが必要だと念を押しておきます。
少なからず、読者諸兄には「デザイナー」という職能を
論理的に、またその職能としても歴然としていただきたいのです。
したがって、わが国の企業論理に、「デザイン」を、
未だに、デコレーション・スタイリングで理解し理念化、
このような企業には「モノづくり」とは、
元来「問題解決」・「難問解決」の知性はありません。
最近、私は、「芸術の知性」と「科学の感性」と言っています。
私は生涯かかってこの論理をつきつめたいと考えています。


tag: アングロサクソン, インテリア, インテリアデコレーター, インテリアデザイナー, スタイリング, スツール性能, デコレーション, デザイン, デフォルメ, ミニチュアサイズ, モダンデザイン, モノづくり, リアル, 写実性, , 効能, 動物, 問題解決, 性能, 抱擁, 機能, 理由, 生涯, 知性, 科学の感性, 範疇, 芸術の知性, 言葉, , , 難問解決


目次を見る

One Response to “『デザインというスタイリングの二種類』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    1:25 AM on 10月 7th, 2017

    [...] * 『装飾はデザインにあらず、されど装飾はデザイン可能』 * 『デザインというスタイリングの二種類』 tag: 47歳, ふやけた男, クライアント, シンボル, スケッチ, [...]


This entry was posted on 月曜日, 10月 21st, 2013 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.