kazuo kawasaki's official blog

『「KK塾」大野ゆう子教授からスタートしました! 』





デザインディレクターとして、これまでの経験と知識から、
私は私塾をスタートしました。私自身が主宰していきますが、
私とペアでの講師は最も選び抜いています。
現代最も「デザイン」が主導すべき中心テーマは四つです。
この塾そのもののデザインには目標と目的が時代を先導します。
そのキックオフには、医療看護学では「この人」を選びました。
やはり、想像以上の講演をしていただきました。
本当は上海での講演を延ばしていただいてもやってもらいました。
私がこの塾での中心である「危機管理デザイン工学」発想を、
真っ直ぐに受け止めていただいて、医療・看護・工学は、
科学性と倫理性への決断性をいっぱいいただきました。
聴講してもらったある人のノートには、そのメモには、
お母さんの手当からお医者さん、体位交換からロボティックス等。
私は先生と医療看護で拘ってきた「二人称の医療と看護」を、
改めてデザイン+看工融合での新しいアイディアが浮かびました。
大学病院での医療と看護の体制には、
どこかで身内意識=二人称=あなたへの依怙贔屓を避けます。
しかし、私と先生は、その二人称を最大に大事にしてこそ、
第三者、三人称の彼ら彼女らへの医療看護が可能ということを
言い続けてきました。
私はこの塾の今後に、PFI・AAC・DDSへの展開に進めます。
PFI?・AAC?・DDS?、これらは聴講する人にだけ伝えます。
理由は、先導する船頭さんはほんの僅かでいいからです。
KK塾の夢、理想、希望は大野先生とも仲間である生田先生です。
と思っていたら、TV「日本のミカタ」東大特集で、
まさに、生田研の活動が取材放映されていました。
生田幸士先生が大野先生の話を受け継いで語ったもらう予定です。


tag: AAC, DDS, KK塾, PFI, お医者さん, お母さん, キックオフ, スタート, テーマ, デザイン, デザインディレクター, ノート, ロボティックス, 上海, 二人称の医療と看護, 体位交換, 依怙贔屓, 倫理性, 先導, 医療, 医療看護, 医療看護学, 危機管理デザイン工学, , 大学病院, 大野ゆう子, 工学, 希望, 新しいアイディア, 時代, 決断性, 理想, 生田幸士先生, 目標, 目的, 看護, 知識, 科学性, 経験, 聴講, 講師, 身内意識


目次を見る

One Response to “『「KK塾」大野ゆう子教授からスタートしました! 』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    7:17 PM on 3月 29th, 2014

    [...] 実務としてのデザインをまた4月から活動していきます。 『「KK塾」大野ゆう子教授からスタートしました! 』 『人類の夢・宇宙開発を支える「信頼・安全性工学」』 tag: [...]


This entry was posted on 土曜日, 10月 26th, 2013 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.