kazuo kawasaki's official blog

『「iPad Air」で講演が可能になりました!』





フランスでのキーノートスピーチで、iPad AirとiPad mini、
これで講演映像をと考えましたが、ちょっと不安でした。
しかし国内でiPadで講演映像と画像、音響を使いながら、
iPad miniでコントロールをしながら講演をしました。
スタッフも不安ゆえに、MacBook Airを準備しつつも、
思い切ってやってみました。出来ました。
これは、私自身の一つの決断でした。
それは、もうノートPCでのプレゼンをやめることであり、
ノートPCから解放される時期がきたと言い聞かせるためでした。
観客の人には知らせませんでしたが、
私はiOS7でのプレゼンが確実にできるという自信になりました。
まだ、音響を自分で変えるとか、
PCなら慣れきっているというわけにはいきませんでしたが、
プレゼンスタイルを変更できることを確認できました。
結局は、会場全体までをPadでも可能にするノウハウやチップス、
こうしたことの自分のやり方を見つける発見になりました。
私自身はPowerPointから離れることをいつも言ってきました。
特に、私は音楽と映像を多重に組み合わせてますから、
絶対に特殊なプレゼンを開発してきたと思っています。
それこそ、PowerPoint白黒時代を知っているだけに、
あのジョッブス氏自身が、「カリグラフィー 」から学び取り、
今、彼が置き土産にしてしまったレタリングの詳細までを
本当に理解している人はほとんどいないとさえ思っています。
iPad Airなら、多分、iPhoneでコントロールも可能です。
そして、このプレゼンの映像・画像を本当に美しくするには、
まだまだプロジェクターやスクリーンも変える必要があります。
やがては、三次元で空中に浮かぶ映像と画像、
そして美しい音響が欲しいと思っています。
このところ毎日多忙ですが、
自宅のシアター関係をまた新たにしました。


tag: iOS7, iPad Air, iPad mini, MacBook Air, PowerPoint, カリグラフィー, キーノートスピーチ, コントロール, スクリーン, スタッフ, ノウハウ, ノートPC, フランス, プレゼン, プレゼンスタイル, プロジェクター, レタリング, 土産, 画像, 白黒時代, 観客の人, 解放, 講演, 講演映像, 音響


目次を見る

One Response to “『「iPad Air」で講演が可能になりました!』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    10:06 AM on 12月 13th, 2014

    [...] 「Media Integrationへのプレゼンテーションツール・4」 『「iPad Air」で講演が可能になりました!』 『ワイフのたったこれだけの授業講義プレゼン道具』 tag: 10周年記念講演, [...]


This entry was posted on 金曜日, 12月 20th, 2013 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.