kazuo kawasaki's official blog

『エレベーターという発明と社会倫理』





人類の発明として、人間が高い場所に登るには、
「階段」で、足の裏と視覚で場所の高度感を感じて移動するモノと、
一挙に高さを移動してしまう「エレベーター」があります。
しかし、この中間はまだ無いことに留意する必要があります。
そして、エレベーターの存在は、私のような障害者には大変便利です。
私自身、車椅子必要者にとっては、
「エレベーター」のおかげでどれほど行動が楽になったことでしょうか。
建築は勿論、飛行機から新幹線などの乗降ではいっぱい体験してきました。
特に、新幹線では、まだエレベーターが無かった頃は、
東京駅では終戦映画で観る、「地下道」が利用されていました。
今も「地下道」は、駅の運営では大事な場所になっています。
しかし、海外から車椅子の人があの「地下道」では、
その臭いや雑然とした戦前からの印象は余りに酷いものです。
私の役目と思って、国土交通省に乗り込んで実情を訴えました。
当時の扇大臣が視察をして驚愕をされたと聞きます。
すぐに「エレベーター設置」が決定しましたが、
完成したのはその3年後でした。
最近は、あのエレベーターは、障害者やベビーカー優先です。
ところが、若者達が平然と乗り込んでいます。
しかも、この日本では通常の風景になっています。
大間違いです。
海外では、必ず、障害者や妊婦さん、ベビーカーが優先です。
だから、私は怒って若者に警告をします。
「私は日本人だが、万一、海外の人だったら恥ずかしい」と。
みんなが黙り込みます。
私は、このエレベーターのデザインそのモノを変えないと、
わが国の社会倫理は護られないと思っています。
現代は、決して「他人との軋轢を避ける人間だらけです」。
あたかも性善説の顔をした性悪説に汚れきった若者が増えています。
これを許すべきではない、「おいコラおじさん」が必要です。
性悪な人間があたかも性善な顔立ちの人間は、
制裁をする必要があると私は判断しています。


tag: エレベーター, デザイン, ベビーカー, モノ, 人間, 人類, 他人, 体験, 国土交通省, 地下道, 妊婦さん, 建築, 性善説, 性悪説, 扇大臣, 新幹線, 日本人, 東京駅, 海外, 留意, 発明, 社会倫理, 移動, 終戦映画, 臭い, , 視覚, , 車椅子, 軋轢, 階段, 障害者, 雑然, 風景, 飛行機, 高さ, 高度感


目次を見る

2 Responses to “『エレベーターという発明と社会倫理』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:22 AM on 9月 29th, 2014

    [...] 『パリには車イス対応が最初から叶っていた!』 『エレベーターという発明と社会倫理』 「誤解されたデザイン=デザインは意匠とともに問題解決」 tag: ADA法, ICD, [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:31 AM on 10月 21st, 2016

    [...] * 『最近はリチウム急速充電の電動車椅子に乗っている』 * 『エレベーターという発明と社会倫理』 tag: エチケット, エレベーター, コスト, スマホ, デザインアイディア, [...]


This entry was posted on 木曜日, 12月 26th, 2013 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.