kazuo kawasaki's official blog

『現代妄想には闘い続けなければ大間違いの世情になる』





TV放映では語り継げないことが多いことは明らかです。
しかし、私の表情を読み取った人たちは多かったのです。
私の恩師はすべてを読み取って二つの感想の電話がきました。
私がプロとして相当に押さえた発言をしていたかということ。
それでもTV出演しているだけの演技もデザインには必要。
私は今この日本が、特に大企業が国家を支えられず、
しかも若い世代は大企業への信頼感すら失っています。
しかし、やはり大企業だからこその真の力、
その偉大さ、尊大さと矮小さまでを識り尽くさない限り、
ベンチャー企業の起業能力は妄想にすぎないものになります。
いくつもの企業体験をしてきました。
特に、モノづくりとコトづくりをそれぞれデザイン対価で
評価判断もしてきました。なぜなら、デザイン対価にこそ、
デザイン職能の価値が規定されているからです。
結果、海外は明快にデザイン対価を取り決めます。
わが国でのデザイン価値とは大きく異なっているのです。
つまりデザイン成果価値をProfitとBenefitで峻別できます。
わが国のデザイン成果価値をそれこそベンチャー企業ですら、
未だに理解どころか分別もできないのです。
そのような企業が30年も存在することは不可能です。
Profitとは「金銭価値」=純利益であり、
Benefitとは「印象価値」=ほぼ経常的な利益と考えられます。
まず、「デザインする」という価値を、
デザイン対価=Profit+Benefitに出来る起業家には才能が必要。
もう私にはその才能も見極めがつくようになってきたと思います。
この自負心が正直に私には表情に出てしまうようです。
恩師にはそれを見透かされていましたが、まだ闘う覚悟です。


tag: BENEFIT, PROFIT, TV出演, TV放映, コトづくり, デザイン, デザインする, デザイン対価, デザイン職能, プロ, ベンチャー企業, モノづくり, 世情, 企業体験, 価値, 信頼感, 判断, 印象価値, 国家, 大企業, 大間違い, 妄想, 峻別, 恩師, 感想, 才能, 日本, 海外, 演技, 理解, 発言, 純利益, 自負心, 若い世代, 表情, 評価, 起業能力, 金銭価値, 電話


目次を見る

3 Responses to “『現代妄想には闘い続けなければ大間違いの世情になる』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:03 AM on 3月 3rd, 2014

    [...] 「仮想現実あるいは仮想空間での虚構有無」 『現代妄想には闘い続けなければ大間違いの世情になる』 tag: [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:12 AM on 10月 24th, 2014

    [...] 「コスメティックデザインという付加価値」 『現代妄想には闘い続けなければ大間違いの世情になる』 tag: CEATEC JAPAN, gopro, アクセサリー, デザイナー40余年の経験, ニーズ, [...]

  3. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:36 AM on 9月 25th, 2016

    [...] * 「ロンドンオリンピックでのハードとストロング」 * 『現代妄想には闘い続けなければ大間違いの世情になる』 tag: Gマーク, Gマーク100, アテネの火, オリンピック, グッドデザイン, [...]


This entry was posted on 土曜日, 1月 11th, 2014 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.