kazuo kawasaki's official blog

『技術革新以前の問題解決=デザインがある!』





「技術革新=イノベーション」は大間違いだと述べてきました。
それはイノベーションを提示したシュンペンターに戻れば、
一目瞭然です。だから、わが国の解釈が歪んだのです。
たとえば、4KTVが話題になっていますが、
これは「応答商品」にすぎず、TVメーカー業界の技術進化、
そのものが誤った方向に進もうとしながらも、これを、
デザイン職能=デザイナーが是正出来ないほど企業腐敗症例です。
少なからず私の自宅のTV環境は最も先進的だと自負しますが、
これらはほとんどが東芝とSONYと海外AUDIOで構成しても、
かつて私がEIZO(液晶TV事業撤退)でのデザインには及びません。
このペーパーモデル=製品提案と商品を見比べても明らかです。
すべからくTVデザインはTV本体裏面とリモコンデザイン、
この対照化をすれば、技術革新とデザイン解決、
すなわち、応答商品=市場意識と解答商品=真の実装技術が瞭然。
私のデザインでは、放熱口などありません。
すべてアルミでの放熱効果性とコードマネージメントと、
ディスクプレーヤー造形での可搬形態づくりまで昇華しています。
無論、このリモコンを超えられるモノは未だに存在していません。
したがって、東芝最高級品の液晶TV造形・システムも、
SONYの商品を付加し、なおかつオーディオは海外高級品です。
これらをくみ上げてようやく、私なりに納得せざるをえません。
真の「技術進化」を目指すなら、まず、デザイナー造形
この造形提案を技術回答から解答を造形実現の実装技術が必要。
こうしたことの意志決定できうる経営陣の能力、
特に、「美学的解決」知識不足、いや皆無性を指摘しておきます。
多分、こうした経営者は日常的にも「見づらいTV鑑賞」でしょう。
美しい高解像度の映像と音響を知ってほしいものです。
このTVデザインを「技術進化」の踏み台にしてほしいのです。


tag: 4KTV, EIZO, SONY, TVデザイン, TVメーカー業界, アルミ, イノベーション, コードマネージメント, システム, シュンペンター, ディスクプレーヤー, デザイナー, デザイナー造形, デザイン, デザイン職能, デザイン解決, ペーパーモデル, リモコンデザイン, 企業, 可搬, 商品, 問題解決, 大間違い, 実装技術, 対照化, 市場意識, 形態, 応答商品, 技術進化, 技術革新, 放熱効果性, 放熱口, 映像, 東芝, 海外AUDIO, 知識不足, 経営陣, 美学的解決, 能力, 腐敗症, 製品提案, 解答商品, 解釈, 造形, 音響, 高解像度


目次を見る

4 Responses to “『技術革新以前の問題解決=デザインがある!』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 6月 24th, 2014

    [...] やがて、「Zissou」と呼ばれることを目指しています。 『技術革新以前の問題解決=デザインがある!』 「コンピュータを強く認識したときの人物と試作デザイン」 [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 7月 8th, 2014

    [...] 結局は、最終判断をする経営者が絶滅したのでしょう。 『技術革新以前の問題解決=デザインがある!』 tag: アルミ素材, スタイリングデザイン, ステップバイステップ, [...]

  3. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 7月 9th, 2014

    [...] 再度、背面デザインを進歩させるべきと提案しておきます。 『技術革新以前の問題解決=デザインがある!』 tag: 4Kテレビ, スタンド設計, デザインの力量不足, リモートコントロール, [...]

  4. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 5月 21st, 2017

    [...] ン価値は 主幹産業化には無関心な表れだと言わざるをえません。 * 『技術革新以前の問題解決=デザインがある!』 * 『対決が明白なTVドラマの効能性の評価』 * 『サラウンド [...]


This entry was posted on 月曜日, 1月 13th, 2014 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.