kazuo kawasaki's official blog

『端的な社会制度の具体的な改善が必要』





わが国は、一言語一民族の倫理性(最近は低下)によって、
ある意味では優れて整っていた社会制度になっていました。
その具体例として「ゴミ箱・ゴミ収集の社会制度」があります。
私は、海外でも公衆的なゴミ箱にはその国の社会制度を見ます。
過去に名古屋市立大学・芸術工学部の入試実技問題には、
この「ゴミ箱アイディア」を出した経験もありますが、
最高と思える回答はありませんでした。
つまり、この「ゴミ箱のデザイン」には、
背景に社会制度が必要であり、ゴミ分別・収集・廃棄までの大変な
デザインするべきモノとコトのデザインがあります。
最近では、ゴミ分別での焼却システムは技術進化しています。
そして各都道府県の行政システムでのアイディアが条例化、
こうした事実もありますが、普遍性は失っているようです。
とりわけ、「3.11」によって、国土と社会制度は大変革が必要。
ストリートファニチャーのデザインは一新するべきでしょう。
東京オリンピックという具体的な計画遂行時間もあれば、
首都直下型から南海トラフまでの天災と人災への対応を
このストリートファニチャー全体の社会システム革新が必要です。
おそらく、この写真のゴミ箱はJRの待合室にありますが、
万一、地震や津波ではこのデザインは不適合だと思います。
しかし、現在、デザイン教育においても、
ストリートファイニチャーに表現されている社会制度全般、
制度へのデザインシステムづくりが求められています。
ゴミ=塵としてのわが国の東洋的な哲学には、
あの梁塵秘抄があったごとくの知恵=デザイン解決が
最も今求められているということになります。


tag: 3.11, JR, わが国, ゴミ分別, ゴミ収集, ゴミ箱, ゴミ箱アイディア, ストリートファニチャー, デザイン, デザイン教育, 一民族, 一言語, 人災, 倫理性, 入試実技, 公衆, 具体例, 写真, 南海トラフ, 収集, 名古屋市立大学, 哲学, 回答, 国土, 地震, , 大変革, 天災, 廃棄, 必要, 技術進化, 改善, 普遍性, 条例化, 東京オリンピック, 梁塵秘抄, 津波, 焼却システム, 知恵, 社会制度, 背景, 芸術工学部, 行政システム, 計画遂行時間, 過去, 革新, 首都直下型


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 火曜日, 1月 14th, 2014 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.