kazuo kawasaki's official blog

『通称・点字ブロックのデザイン間違い!』





今や国内の公共的な場では至る所が「点字ブロック」です。
これはとても国内がバリアフリーになってきているという証拠。
しかし、「点字ブロック」とは通称であり、
正式には「視覚障害者誘導用ブロック」と決められていますが、
「矛盾する問題」を多く抱えています。
いわゆる視覚障がいの人たちにとっては重要な誘導ガイドですが、
一方では私など車椅子使用者にとってはバリアです。
あのブロックの上を車椅子の私はきびしい振動を受け辛いのです。
視覚障がいの方にとって危険な所は駅のホームがまずあります。
視覚障がいも後天的、たとえば糖尿病疾病で突然の方には、
白杖でのガイドには無理がありますからこのブロックは有効です。
しかし最近は高齢者の方がこのブロックで躓いて骨折が急増加。
したがって、建築空間では「黄色」に不満がありましたが、
弱視の方には黄色が有効なことは証明されています。
そこで問題は、このブロックは地上5mm高になっていますが、
この写真なども5mm高を越えていることです。
視覚障がい者の連盟が懸命に国に訴えて実現してきたこともあり、
その歴史的な功績を破棄することも憚れる問題です。
もはや「点字ブロック」をストリートファニチュアとすれば、
新たなアイディアでの最適デザインが必要なわけです。
私はこのブロックがコンクリート製ゆえを言い訳とする行政は、
許せるわけがありません。
誰かがこの「矛盾」解決を主張すべきです。
高齢者・車椅子使用者・先天的な視覚障がい者それぞれ、
とりわけ、後天的な視覚障がい者向けの誘導ガイドこそ、
「デザインで解決」するべき問題だと言っておきます。
デザイン系・建築系の学生コンペ課題として「点字ブロック」、
このあり方とデザイン設計が求められると考えています。


tag: アイディア, ストリートファニチュア, デザイン, バリアフリー, バリアー, ブロック, ホーム, 功績, 問題, 学生コンペ, 建築空間, 振動, 点字ブロック, 白杖, 矛盾, 破棄, 糖尿病疾病, 視覚障がい, 視覚障害者誘導用ブロック, 証拠, 誘導ガイド, 車椅子, 車椅子使用者, 通称, 連盟, , 高齢者, 黄色


目次を見る

3 Responses to “『通称・点字ブロックのデザイン間違い!』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:09 AM on 4月 30th, 2014

    [...] 街の救援要素と要因づけが必要だと提案しておきます。 『通称・点字ブロックのデザイン間違い!』 『「土地の記憶」は鳥居の位置その変遷にある』 tag: [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 11月 5th, 2014

    [...] それだけに道は美しくあるべきだと思っています。 『通称・点字ブロックのデザイン間違い!』 tag: 21世紀の智恵, 制度, 制度の甘さ, 地表, 地面, 少数派のため, 提唱, [...]

  3. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 7月 23rd, 2017

    [...] ているのです。 75歳になれば、必ず車椅子使用者は70%なのです。 * 『通称・点字ブロックのデザイン間違い!』 * 「デザインは皆無だ!・・・誤りのデザイン」 * 「石畳の街 [...]


This entry was posted on 木曜日, 1月 23rd, 2014 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.