kazuo kawasaki's official blog

『忘れた頃にを想定内に!』





大学人になって18年になりますが、
私が講演では常に「自然と人間の関係」をこの白熊画像を使ってきました。
白熊が最も獰猛でありながら健康体な哺乳動物でした。
この画像を使っている最初の頃には、
「この流氷が地球で白熊が人間」と比喩し、まさか、日本列島と日本人、
この関係になることはイメージであって3.11で現実になるということは、
正直想定外だったのかもしれませんが、
結局、白熊は生命を失う結果を招いてしまいました。
寺田寅彦が「天災は忘れた頃に・・・」と言い残していました。
March 11. 2011を常に私たちは的確な意識にしておくべきです。
これだけではありません。
地球上に人間は丁度今時間現在、71億6136万8151人です。
一日で20万人が増えていくといわれています。
日本は人口減少していますが地球上の人口を減らそうという自然摂理として
「ノロウィルス」や「アレルギー疾患」「花粉症」が日本に蔓延です。
私たちはこの事実から、地球人口が100億人になってくることを
「想定内」にすべきです。
水・食糧・電力、これらすべてがエネルギーだと考えます。
つまり、私たちの想像力には決して「想定外」をつくらないことです。
ちなみに、私はエネルギー=電力とはとらえません。
水と食糧もエネルギー、
さらには減災・救済の実務方法論と物質を準備するべきです。
ちなみに、「日本という方法」・「方法という日本」を発言したのは、
松岡正剛氏でした。
私は「危機管理工学プロダクトデザイン寄附講座」を
1年やってきましたが。
今、結論は「危機管理学」ではなくて、
「危機解決という方法がデザイン」だと認識している次第です。
この4月からは、危機管理学はあり得ず、「危機解決学」を
私は追い求めていきたいと考えています。


tag: 20万人, 3.11, アレルギー疾患, イメージ, エネルギー, ノロウィルス, 人口, 人口減少, 人間, 健康体, 危機管理工学プロダクトデザイン寄附講座, 危機解決学, 地球, 地球人口, 大学人, 天災は忘れた頃に, 実務方法論, 寺田寅彦, 想定内, 想定外, 方法という日本, 日本という方法, 日本人, 日本列島, 松岡正剛, , 流氷, 減災, 物質, 獰猛, 画像, 白熊, 自然摂理, 花粉症, 講演, 電力, 食糧


目次を見る

4 Responses to “『忘れた頃にを想定内に!』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 3月 9th, 2014

    [...] 私はあらためて五重塔への眼差しを変えたいと思っています。 『忘れた頃にを想定内に!』 『ふだん・忘れた頃に、まさか・想定外はありえない』 tag: [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 8月 19th, 2014

    [...] 「最悪の状態」からの解放は決して自然との調和ではありません。 『忘れた頃にを想定内に!』 tag: 3.11, CNN, DDT, コンシリエンスデザイン, 人間の存続性, 人間の無力さ, [...]

  3. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:25 AM on 10月 11th, 2016

    [...] * 『silience=無意識だけれども重要な知的核心という解釈』 * 『忘れた頃にを想定内に!』 * 『1949.2.26日から生きている=死んでいく私』 [...]

  4. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:17 AM on 2月 2nd, 2017

    [...] * 『最も重要なエネルギーとしての「水」』 * 『忘れた頃にを想定内に!』 * 「現代の道具・LSIのやり直し」 * 『匿名的な知恵=silienceである』 [...]


This entry was posted on 日曜日, 1月 26th, 2014 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.