kazuo kawasaki's official blog

『1984年からMacintoshとの付き合いが私の重大経験』





私は車椅子生活になってふるさと福井に帰ることになりました。
ふるさとには高校時代の友人達がすでにそれぞれ分野のリーダーでした。
中でも、親友・玉木(現福井キヤノン事務機会長)は、
すぐにデザイン活動で苦心している私を物心両面で支援してくれました。
彼の会社のショールームにMacintosh128kがありました。
私は「とても高額なおもちゃのコンピュータ」を借りました。
彼に、「このコンピュータがきっと世界を変える」と話しました。
彼は私の予言を素直に聞き入れてくれてセールス戦略にとりあげ、
Mac512kは自らが講習会を受け、16台即持ち帰ってきました。
私はAppleⅡもLisaもじっくりと知り尽くそうとしていただけに、
Macintosh128kの商品発表は鮮烈でした。
その頃、VENUS-P(通信衛星)で米国のDIALOGにアクセスするという話が、
もっともらしく当時の雑誌紹介はすべてが嘘でした。
なぜなら、Mac512kとMacTerminal、電話カプラー300bpsで、
私はDIALOGに福井は40円/分、東京は80円/分、名古屋は60円/分でした。
このようなことを書き始めていたこともあって、その後からすっかり、
Macの世界に入っていきました。
1991年から2年半は、とうとう福井で7つのコードネームで新製品開発、
Apple社からは弁護士や開発チームがやってくるほどでした。
私はジョンスカーリーの直属のデザインコンサルタントを務めました。
クパチーノApple本社でのプレゼンテーションでは、
黄色人種としての立場までいっぱい体験しました。
日本・東京はバブル経済であり、私は「何かが変だ」と思っていました。
さらに大電産業グループが私にeX-DESIGN(株)を全面支援してくれました。
福井で車椅子の私に1億4000万円のEMSを与えたのは、
その頃の福井県青年会議所の主要メンバーや地元の金融機関でした。
MS-DOSはじめSmallTalk、いくつかのプログラム言語を独学しました。
心臓障害になり、デザインも諦めていた私は、
気づけば、名古屋市立大学に光造形システムとその環境が与えられました。
先般、日本のグラフィック界の二人の代表人物に、
ジョッブスが最後に置き土産にしたと思える書体の話もしたところです。
私の30代からこの35年をMac文明とMac文化があったことは確かです。


tag: AppleⅡ, LISA, Mac文化, Mac文明, MS-DOS, VENUS-P, ふるさと福井, グラフィック, コンピュータ, コードネーム, ショールーム, ジョンスカーリー, セールス戦略, デザイン, デザインコンサルタント, デザイン活動, バブル経済, プレゼンテーション, プログラム言語, 予言, 光造形システム, 名古屋市立大学, 商品発表, 地元, 弁護士, 心臓障害, 新製品開発, 日本, 東京, 玉木, 福井キヤノン事務機会長, 親友, 車椅子, 金融機関, 開発チーム, 高校時代


目次を見る

5 Responses to “『1984年からMacintoshとの付き合いが私の重大経験』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:55 AM on 5月 21st, 2014

    [...] 「数理造形から見えてきたAtom時代の終焉 ・01」 『1984年からMacintoshとの付き合いが私の重大経験』 「iPhoneアプリ・もう一度知らせます」 [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 6月 5th, 2014

    [...] それをiOS8が支えてくれることを私は評価しています。 『1984年からMacintoshとの付き合いが私の重大経験』 『Programmingが整ってきたのはMacの世界になったから』 tag: Apple社, iOS7, iOS8, [...]

  3. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 8月 24th, 2014

    [...] すべてがUSBだけのコードコネクションも未来を暗示しています。 『1984年からMacintoshとの付き合いが私の重大経験』  「数理造形から見えてきたAtom時代の終焉 ・02」 [...]

  4. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:22 AM on 1月 10th, 2017

    [...] * 「数理造形から見えてきたAtom時代の終焉 ・03」 * 『1984年からMacintoshとの付き合いが私の重大経験』 * 『日本で最初のCAD解説本が示していたこと』 tag: 3D Printer, 4D-CAD, [...]

  5. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:38 AM on 9月 22nd, 2017

    [...] トリエは現在の阪大の研究室インテリアに引き継がれています。 * 『1984年からMacintoshとの付き合いが私の重大経験』 * 『資本主義からの逃走』「数理造形から見えてきたAtom時代の [...]


This entry was posted on 月曜日, 1月 27th, 2014 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.