kazuo kawasaki's official blog

『ネットワークの保全として「暗号」の再デザインを』





子供の頃第二次世界大戦の物語りを面白く読んだことがあります。
父は7.5年も従軍していましたから、その物語りを
ただ面白がっていた私、このことをどう考えたのだろうと、
そんなことを最近はよく考えます。
中でも、「暗号合戦」の話でした。
「紫暗号」という日本ならではのこれは武器でした。
そして日独海軍共用の「エニグマ暗号」がありました。
この暗号を解読した数学者の思考が現代につながっています。
暗号と現代は、そのままインターネット回線での秘匿信号です。
「デジタル」をその原意から再検分すると、
「指折り数える」という行為であり、その進化拡張なのです。
とりわけ、最強の暗号といわれた紫暗号の解読手法、
あのエニグマ暗号の解読がチューリング博士であったことは、
1980年代に入って見事に、三人のコンピュータ科学者に連続。
リヴェスト、シャミア、アドルマンであり、
彼らのイニシャルを使った「RSA暗号」こそ、
現代のネットワーク回線での二つの手法になっていることです。
簡単にいえば、「開閉の閉記号」は誰もが使え、
「開閉の開記号」を管理という二方法がインターネット方式。
しかし、私はこの領域であっても数学的思考だけの脆弱性があり、
この方式にこそ、デザイナーの関与がこれからは必然でしょう。
解説をしていくには、多分、私のデザイン経験から、
詳細にまとめ直す必要があるとつくづく考えるようになりました。
それは、パスワードを使おうが、
どのような個人的なデータ秘匿の管理方法でも必ず解かれます。
「デザイン数理学」と言い出していることには、
まだまだ時間的な進化要素を整理しなければなりませんが、
私は「プライバシーと情報」をデジタル発想でまとめ直すとき、
ともかく、新「暗号」の改革にはデザイナー発想が必要だと、
主張と強調をしておきます。


tag: RSA暗号, イニシャル, インターネット回線, コンピュータ科学者, チューリング博士, デザイナー, デザイン数理学, デジタル, デジタル発想, ネットワーク, パスワード, リヴェスト、シャミア、アドルマン, 主張, 保全, 再デザイン, 原意, 従軍, 思考, 数学的思考, 数学者, 日独海軍共. エニグマ暗号, 暗号, 暗号合戦, , 物語り, 現代, 秘匿信号, 第二次世界大戦, 管理方法, 紫暗号, 解読手法


目次を見る

One Response to “『ネットワークの保全として「暗号」の再デザインを』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:17 AM on 6月 29th, 2017

    [...] * 『軍備産業の機能・性能・効能を廃止する哲学が要る』 * 『ネットワークの保全として「暗号」の再デザインを』 * 「神の国は、アジアを開放したということ。」 [...]


This entry was posted on 水曜日, 1月 29th, 2014 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.