kazuo kawasaki's official blog

『水というエネルギーの国際化』





私は、エネルギーを電力だけとは思っていません。
水・食糧・電力がエネルギーだと断言しています。
水については、国内の名水というのをかなり確かめてきました。
そして、日本は水道水が飲める国です。それも美味しい水です。
水道水が飲める国は13カ国しかありません。
そのうちに水道水は日本以外は飲めなくなると予測しています。
私は国内のいわゆる水ペットボトルも飲み比べてきました。
そして、最も重要なことに気づいています。
世界中の料理人が認めていた水がありますが、
今、日本には輸入されていません。というよりもその国家が、
その水の輸出を禁止しているようです。
私が気づいたのは、人間の体の70%は水です。
したがって重要なのはペットボトル水も常に一定にするべきです。
というのは、私たちは水といっても、様々な水を飲めば、
体の水は一定ではなくなるということです。
例えば、癌患者の人には、まず一定の水にすべきだと伝えます。
そんなことで、私は海外のどこに行っても必ず同じ銘柄の水、
この水ならば、体調が安定すると考えてきました。
したがって日本の風土にある水こそ輸出筆頭の銘柄にすべきです。
水は、国家の安全保障を決定づけるものです。
したがって、わが国の水、その風土、土地柄の水は、
酒・醤油・味噌にはそれぞれの水を適用させて味を決定します。
しかし、日本のペットボトル水は世界制覇できうるモノが必要。
水こそ、重大な資源=エネルギーなのです。
日本の料理=和食が国際的に認められました。
その根本は鰹もしくは昆布での出汁でした。
これはオリジナリティを保全し、水は国際化するべきでしょう。


tag: エネルギー, オリジナリティ, ペットボトル, 世界制覇, 出汁, 名水, 味噌, 和食, , 国家, 国際化, 安全保障, 料理人, 日本, 昆布, , 水道, 水道水, 海外, 癌患者, 資源, , 醤油, 電力, 風土, 食糧


目次を見る

2 Responses to “『水というエネルギーの国際化』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 5月 22nd, 2014

    [...] ともかく、ペットボトル、水道水のあり方デザインが必要です。 『水というエネルギーの国際化』 「水、基本的な生命問題をアポリアにはできない」 tag: エネルギー, [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 10月 18th, 2014

    [...] 『最も重要なエネルギーとしての「水」』 『水というエネルギーの国際化』 tag: iMEP, institute of Medical Practice, イタリアの高級水, デザインスタジオ, [...]


This entry was posted on 金曜日, 1月 31st, 2014 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.