kazuo kawasaki's official blog

『パソコンの小さな歴史の物語り』





パソコンの登場とともに私の生涯には、MacとEWSがありました。
ともかくデザインツールとしてだけではなく、私の感性の中で、
コンピュータの進展とともに、その功罪を分別してきました。
したがって、コンピュータ・デジタル・ネットワークとは、
特に自分の青春が終わったと意識したときから、
大きな歴史と小さな歴史を体験してきたと思っています。
ちなみに、自分の青春の終わりはジョン・レノンの暗殺でした。
東京を離れてふるさとに帰り、伝統工芸とパソコンがありました。
パソコン、特に、Macintoshとの小さな歴史には、
大抵の人にとってはそんな時代もあったかという物語りです。
3.5インチのフロッピーディスクの時代がありました。
1980年代の教え子が聞いてはいたけれど初めて見たということで、
私はとてもびっくりしたことがあります。
3.5インチのフロッピーディスクの時代には、
ブルーのディスクが黒になり、
突如、カラーのフロッピーディスクが登場しました。
それは、無機質になろうとしていたパソコン周囲が煌めきました。
そんな小さな物語りをいくつも私は体験してきた気がします。
それこそ、私がオーディオ機器のデザインだけではなく、
オーディオアクセサリーデザインにも一杯取り組みました。
本当は大きな物語りの歴史が社会にある以上に重大なことです。
それは小さな物語りを創ってきた人物との出逢いと深い関係、
それこそ人生の偉大な思い出だったのだと思います。
「川崎さん、これ実現したよ」とカラーフロッピーがありました。
まだベンチャー企業と騒がれることもなかった時に、
その企業は様々な闘いをしていました。
そして、私の活動をまったく目立たずに根本を支えてくれました。
同年代のそんな企業のリーダーが逝ってしまいました。
体調的には無理をして、大阪にまで逢いにきてくれたのでしょう。
彼が私に期待してくれたことをやり遂げるつもりです。
「まだいっぱいやることあるのに」と、すごく無念です。
小さな物語りをいっぱい創ってくれたからこそ、
大きな物語りが成り立っていたことを私は熟知しています。
もう一度逢いたいよ、Kさん!


tag: 1980年代, 3.5インチ, EWS, mac, Macintosh, ふるさと, オーディオアクセサリーデザイン, オーディオ機器, カラーフロッピー, ジョン・レノン, デザイン, デザインツール, デジタル, ネットワーク, パソコン, フロッピーディスク, ベンチャー企業, リーダー, 伝統工芸, 体験, 功罪, 大きな物語り, 大阪, 小さな歴史, 思い出, 感性, 暗殺, 東京, 歴史, 活動, 無念, 物語り, 青春


目次を見る

One Response to “『パソコンの小さな歴史の物語り』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:13 AM on 8月 23rd, 2017

    [...] * 「哀悼・スティーブ・ジョブズ氏」 * 『パソコンの小さな歴史の物語り』 * 「現代の道具・LSIのやり直し」 [...]


This entry was posted on 水曜日, 2月 5th, 2014 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.