kazuo kawasaki's official blog

『陶磁器の二つの歴史・創れないモノまた創れるモノ』





私は陶磁器には二つの歴史があると見ています。
縄文弥生にあった六古窯の歴史と、
秀吉の朝鮮征伐により日本にもたらされた家元制度の歴史です。
そして、私が陶磁器には進化が無かったというのは、
かつて革新されてつくれたモノが現代では創れなくなったモノ、
もう制作不可能だったモノが現代、なんとか再現できるモノです。
日本が貿易国家になっていった九谷焼(右)はもう再現不可能。
比して、現代、弥生時代には出来たであろう越前焼(左)です。
九谷焼は明らかに有田焼技能が北前船で伝わったであろうこと、
しかし、有田での輸出品よりはるかに技術開発されましたが、
現代、九谷でこのガラスのような磁器と絵付けはもう出来ません。
福井にいたころ、越前焼ではないと私は主張し過ぎて、
越前焼には出入り差し止めでした。
ところが、陶器である六古窯時代を再現する若手が出てきました。
これら陶磁器はいづれも日本の伝統工芸です。
私は恩師から、伝統工芸にデザインを向ける時のまず知識、
その蓄積を教えられました。
そして、革新的な「造形」の新製造生産システムづくりです。
したがって、伝統とは継承ではなくて「革新」です。
ところが、日本のモノづくりの大誤解が最近まかり通っています。
それは、日本の伝統工芸への美的なセンスの全く無い、
プロデューサーを自称する輩に「産地」が騙されているのです。
伝統工芸の革新づくりには勿論、現代生活への適合性が必要です。
だからといって、安易な手法での商業主義では台無しになります。
こうしたモノを見たときには、徹底的に非難します。
問題は、もはや再現できなくなった技術の復権である高度化と、
再現が可能になったなら、過去になった伝統性への裏切りです。
デザインにとって、日本の伝統工芸には未来があるのです。

【ブログの関連記事】
『磁器お皿・三つのパターンと料理手法に進化無し』
『陶磁器産業地を視察して・伝統産地は県行政を決定する』
「六古窯・越前焼ー若い才能が復元から再興を始めだした」
「陶磁器は進化も革新もしていなかった、私の判断」
「自然から学んだはずだった・・・のだが?」


tag: ガラス, センス, デザイン, プロデューサー, 九谷焼, 伝統工芸, 六古窯, 六古窯時代, 北前船, 商業主義, 大誤解, 家元制度, 弥生時代, 技術開発, 日本, 有田焼, 朝鮮征伐, 歴史, 現代, 産地, 知識, 福井, 秀吉, 絵付け, 縄文弥生, 蓄積, 貿易国家, 越前焼, 輸出品, 進化, 陶磁器, 革新, 革新づくり


目次を見る

One Response to “『陶磁器の二つの歴史・創れないモノまた創れるモノ』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:42 AM on 3月 13th, 2017

    [...] * 『経年変化無し素材開発と道具使用を次世代に』 * 『陶磁器の二つの歴史・創れないモノまた創れるモノ』 * 『刃物の地肌、その偽物氾濫が流行している』 [...]


This entry was posted on 金曜日, 2月 7th, 2014 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.