kazuo kawasaki's official blog

『ロシアでの冬期オリンピックに象徴されていたこと』





国家には明らかに言語の統一力だけがあるようです。
まず、一つの国家の中に多言語が一つに統一されて、しかも、
イデオロギーの対立が武力でのみ押さえつけられている国家。
「ソチ・オリンピック」を見続けてしまいました。
私がとても気になっている国家物語りのストーリーづくりでした。
国家歴史を「交通」で統合化し、
それはトロイカからロシア鉄道、大戦後の道路交通、
そして宇宙開発・ロケットと青い地球でした。
とても見事だったと思いますし、私が最も留意していたソ連確立、
それはロシア・アヴァンギャルドと赤い色の使い方でした。
あたかも平和の象徴であるスポーツ祭典は、
完璧な大軍事力でテロリズムを押さえ込んでいました。
スポーツが平和と直結しているという幻想の背後には国家権力、
すなわち、強大な軍資金と軍事力が宗教イデオロギーの方向を
今は確実に押さえ込んでいますが、
多分、言語の違いと宗教の対立をこの期間だけは、
封じ込めることができるかどうかです。
私はせめて有能なスポーツ選手達の生命は監護してほしいです。
平和の象徴という幻想の背後に、
いつまで「大人の事情」がありつづけるのでしょうか。
全世界に、これまでの経験を越える寒波が訪れています。
この祭典と同時刻に、またまた震災地には地震がありました。
人には「感激と感動と感謝」が備わっています。
そして現代社会で「感激と感動と感謝」この三つが体現出来るのは
スポーツ、その最大のイベントに集約されています。
それだけに「感激と感動と感謝」をたとえ幻想でも、
この幻想国家の軍事的な象徴の中で隠されているべきでしょう。
ロシアに至るまでの「赤い歴史」の裏側=軍事力と
平和=スポーツのバランスこそ、現代の意味そのものなでしょう。

【ブログの関連記事】
「デザイン史の講義を語るにはロシア・アヴァンギャルドから」
『端的な社会制度の具体的な改善が必要』
「デザインから『ちの理想主義』は創出できるだろうか」


tag: イデオロギー, ストーリー, スポーツ祭典, ソチ・オリンピック, ソ連, テロリズム, トロイカ, バランス, ロケット, ロシア, ロシア・アヴァンギャルド, ロシア鉄道, 交通, 冬期オリンピック, 国家, 国家権力, 国家歴史, 国家物語り, 地震, 多言語, 大人の事情, 大軍事力, 宇宙開発, 宗教の対立, 宗教イデオロギー, 寒波, 平和, 幻想, 幻想国家, 感動, 感激, 感謝, 武力, 現代社会, 経験, 統合化, 言語, 言語の違い, 軍事力, 軍資金, 道路交通, 震災地, 青い地球


目次を見る

2 Responses to “『ロシアでの冬期オリンピックに象徴されていたこと』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 2月 14th, 2014

    [...] 【ブログの関連記事】 『ロシアでの冬期オリンピックに象徴されていたこと』 「デザイン基礎力の一つから現代社名ロゴをみると」 [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:06 AM on 1月 20th, 2017

    [...] * 「商品が記号となった実例・私の体験と確認」 * 『ロシアでの冬期オリンピックに象徴されていたこと』 * 『中国の模倣づくりは市場経済論と一党独裁で破綻する!』 [...]


This entry was posted on 日曜日, 2月 9th, 2014 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.