kazuo kawasaki's official blog

『電気には「質」がありそれは正弦波測定で確かめられます』





学生達に講義をすれば、
みんな真剣に再生エネルギー問題や原子力発電方式を熟考します。
これからの新しいリーダー達には大きなテーマですが、彼らは、
「電気=交流100V・50Hz/60Hz」はすべて同一だと思っています。
50Hzと60Hzに、すでに「電気の質」があることには無知です。
「飲める水と飲まない水がある」、もう一人の教授の言葉でした。
とても良い表現だと思います。
オーディオマニアなら、単に家庭内に引き込まれる交流電源を、
私は、自宅の電源を正当な基準正弦波にし直しています。
出力電圧波形を1秒間に51200回/50Hz・61440回/60Hzという
常時、再生音基準に正当な正弦波にする装置を使っています。
当然、この電源コードもメディカルコード(医療機器専用)です。
つまり、供給されてくる電流は歪んでいます。
それこそ、電柱にあるトランスを「自分用」にして、
せめて家庭内の電流と電圧は正弦波を常に一定にすることです。
オーディオマニアならば、再生音をパワーアンプだけでも、
常時一定にしてほしいのですが、そのことに熟知するには、
私はともかくオーディオマニアになってもらわないと不明です。
自宅にもどって、この装置がその後進化しているかどうかを
あらためて調べてみました。
そうしてとても驚いたのはこの装置メーカーが倒産していました。
それは日本人がいかに正弦波で、出力電流を一定化することを
忘れてしまっているかということです。
本来ならば、各電力会社は交流分配の家庭内装置には、
正当な出力装置までを設置することこそ私は義務だと思っています。
それすら出来ない電力会社は、発電・変電・送電・蓄電、
それぞれを分業起業化する時代になってきていることを
企業倫理として自覚すべきだと私は強力強引に主張しておきます。


「アンプジラ・パワーアンプ(電質)の音響聴覚」
「わが家PCオーディオのセンターは、まず音像」


tag: 51200回/50Hz・61440回/60Hz, オーディオマニア, トランス, メディカルコード, 交流100V・50Hz/60H, 企業倫理, 再生エネルギー, 再生音基準, 出力電圧波形, 分業起業化, 原子力発電方式, 基準正弦波, 発電・変電・送電・蓄電, 装置メーカーが倒産, 電力会社, 電気の質


目次を見る

2 Responses to “『電気には「質」がありそれは正弦波測定で確かめられます』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 6月 13th, 2014

    [...] 電力の自由化は電気の自由化を分別しておかなければいけません。 『電気には「質」がありそれは正弦波測定で確かめられます』 「現在使用のバッテリーパック・・・携帯電力を再考」 tag: March.11.2011, [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    11:41 AM on 5月 14th, 2016

    [...] 真剣に考えています。 *『電気には「質」がありそれは正弦波測定で確かめられます』 *「電力会社を破壊し分散させるべき証拠・告発します」 [...]


This entry was posted on 土曜日, 5月 31st, 2014 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.