kazuo kawasaki's official blog

『「新聞紙」というメディアが消える日が近づいている』





この写真は現代彫刻です。
まさに固められた新聞紙束ですが、報道の死の表現でしょうか。
私自身、新聞紙購読を止めてもう数年になります。
情報としての報道、NewsなどはPC・iPad・iPhoneで充分です。
新聞紙上の論説などにはもうほとんど興味がありません。
元来、新聞の効能は、偏向したイデオロギーであり、
下手すれば「羽織ゴロ」的な情報であれば私は無視してきました。
情報化時代は、
information・acknowledgement・consciousness・intelligenceで
時代と社会が人間の常識・知識・認識を取り囲んでいます。
そのための情報が、記事となって伝達されるメディア自体が
技術によって大きく変貌してきているということです。
そのメディアの一つである新聞紙は、新聞という形式のメディアは
消えて行くのかもしれません。
確実に、私の環境にはこのメディアは不要になっています。
新聞紙に限らず、商業出版の雑誌も消えつつありますが、
私は、特に、紙を形式としたメディア全てが無くなることには
大きな寂しさも感じます。無念ながら残したい雑誌でも消えます。
「情報の形式」を技術と時代が決定づけていくことは、
我々の基底的な要望なのかもしれません。
よって、その発行企業である新聞社という企業そのものの効能が
あらためて社会的な位置づけ変更を求められているのでしょう。
その企業系列にあるTV企業も同様に大変革されるでしょう。
しかし、新聞紙やTV番組が時代的な検証によって、
私たちが必然と考えるモノ=メディアは残って欲しいのです。
けれども、商業主義のこれも時代検証の結果、
消滅が見え始めているメディアも出てきました。
私は、デジタル化される情報の新たなメディア予想論を
デザインからも見いだしていきたいと考えています。

「現代的アートが象徴していることは企業革新テーマ」
「記号はNetworkとServerと私たちのimageに存在する」
「情報化への入り口は記号論or記号学だった」
「日本語・『情報』はなぜ曖昧になってしまったのか?」


tag: imformation・knowledgement・concoiuness・intelligence, TV番組, デジタル化される情報, メディア, メディア予想論, モノ=メディア, 企業系列, 偏向したイデオロギー, 商業出版, 報道の死, 常識・知識・認識, 形式のメディア, 新聞社, 新聞紙, 新聞紙束, 新聞紙購読, 現代彫刻, 羽織ゴロ, 記事, 論説, 雑誌


目次を見る

One Response to “『「新聞紙」というメディアが消える日が近づいている』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    3:57 AM on 3月 19th, 2017

    [...] * 『伝統工芸産地を補助金漬けから開放し法律の改正が必要』 * 『「新聞紙」というメディアが消える日が近づいている』 tag: 1970年, 3.11, Eyes wide shut, TV番組, ふるさと, インダストリアルデザイン, [...]


This entry was posted on 月曜日, 6月 9th, 2014 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.