kazuo kawasaki's official blog

『DESIGN TOKYOのPROTO LABから次世代デザイナー出でよ! 』





私の想いは、日本の見本市はどんな業界であろうとも、
見本市を日本で行い、日本がホスト国でなければなりません。
それは、ホスト国がそれぞれの業界トップ最新国家の表明です。
「国際文具・紙製品展 ISOT」に併設して、
「DESIGN TOKYO」では、見本市会場と「PROTO LAB」展を開催。
これは、若手のフリーランスデザイナー作品発表の場にしています。
「DESIGN TOKYO」の出展企業の選別と「PROTO LAB」指導で、
これらも審査委員長をしています。
日本の若手デザイナーは大きな間違いと勘違いをしています。
ミラノ・サローネこそがその場所ではありません。
無名のデザイナーは膨大な出費が必要です。
これはイタリアの国家戦略であり、その出費の費用対効果は零です。
国内の有名デザイナー2~3名のみが海外クライアントへの営業結果。
何もミラノサローネがデザインの主流にはなりえません。
ミラノサローネがデザイン流行を創出はしていません。
たとえば、単なる家具展では本当の先進デザインを伊人仏人が
まったく出来なくて、私はその相談を受けています。
費用対効果零に気づいているアジアからの出展は減少。
サラリーマンデザイナーは海外出張理由に過ぎず作品価値は零です。
しかしこの展示会出展企業は増加しスター的存在が出始めています。
私は40年もこの製品デザイン界に関わってきましたから、
特に、PROTO LAB出展の若手には戦略を指導しています。
すでに、TV出演や講演をやる次世代、今年は米国で授賞して、
都内メインにSHOPを開業すると報告されました。
私は、製造生産・新素材適用・流通・通販・情報戦略を個別に、
国内と国外市場戦略をできる限り丁寧に教えているつもりです。
私は審査委員長よりももっとノウハウを教えたい伝えたい、
今年は強く考えさせられました。
そして、審査委員であった藤巻幸夫氏は逝去してしまいましたが、
新たな審査委員には「francfranc」の高島氏が引き継いでくれました。

「日本流見本市の創出=日本は常にホスト国であるべき」


tag:
design tokyo, Proto Lab, PROTO LAB出展の若手, 「国際文房具・紙見本市ISOT」, イタリアの国家戦略, サラリーマンデザイナー, スター的存在, デザイナー作品発表, デザイン流行, ノウハウ, ホスト国, ミラノ・サローネ, 作品価値は零, 先進デザイン, 審査委員長, 市場戦略, 最新国家の表明, 有名デザイナー, 業界トップ, 次世代デザイナー, 海外クライアント, 海外クライアントへの営業結果, 海外出張理由, 膨大な出費, 若手デザイナー, 藤巻幸夫氏, 製造生産・新素材適用・流通・通販・情報戦略, 見本市, 費用対効果は零


目次を見る

One Response to “『DESIGN TOKYOのPROTO LABから次世代デザイナー出でよ! 』

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:03 AM on 7月 11th, 2016

    [...] 代デザイナーへの新分野デザインに精進しなければなりません。 *『DESIGN TOKYOのPROTO LABから次世代デザイナー出でよ! 』 *『天衣無縫な時代と社会に活気がある』 *『DESIGN TOKYOはホスト国 [...]


This entry was posted on 日曜日, 7月 13th, 2014 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.