kazuo kawasaki's official blog

『ロボット学者第一人者・森政弘先生の講義 その1』





会場は、いつものごとく、東大先端研4号館の一室に、
いつものごとく、ロボット学者の偉い先生方の了解で私も聴講生。
前回から、先生のロボット学、その根源的な宗教論は
単なる宗教講話を超越した講義が、先生自作の回路設計によって、
宗教哲学はその回路の実験で具体的な例証がなされました。
正直、先生の講義メモは7頁びっしりに及ぶほどの分量で有り、
特に「安全ロボット」のあり方は、
「モノの世界観」と「精神世界観」で繰り広げられました。
私は大学人になって最初に思ったことは、講義をするよりも、
大学の講義を聴講したい気持ちが強くありました。
そして、私自身はすでにもう大学は退官していますが、
こうした第一人者の先生から講義を受けるチャンスは大幸運です。
なんといっても、「なぜ、ネジは締まるのか?」という命題から、
その講義は始まりました。
聴講する先生方も、一流大学の一流の大学教授たちと、
その先生方の一部の学生達だけが受けることが可能ででした。
白板には、仏典の重要箇所が抜き書きされて、その意味から、
私たちはそれらの意味を、今回は、先生自作の回路実働モデルで
教わっていくのです。
先生の自作セットの簡単な回路図から、「七仏通戒偈」を
実働モデルから、絶対成るモノに任せ切るということを学びます。
まだまだ、先生から教えられた経典を私は読み切ってはいません。
何しろ、先生からは、私にシリーズ書籍260冊を教えられました。
それは先生がすでに読破し、そこから学んでしかも自作回路で、
その具体化を見せられてしまうわけです。
先生の講義後は先生を囲んでの夕食会がありますが、
どうしても私はその日に京都まで戻らざるを得ずに帰りました。
帰ってから、ワイフに先生からの話や自作回路の面白さを
語り尽くさんばかりに興奮していたそうです。
今、私は、先生の講義から学んだノートのメモを整理しています。
すべてを語り尽くせないとは思いますが、
ずっと懸案だったことが見事に先生から「理会」出来そうです。


『今年早々、最高の講義を受ける・森政弘先生の仏教論』


tag: 「七仏通戒偈」, 「安全ロボット」, 「理会」, なぜ、ネジは締まるのか?, シリーズ書籍260冊, モノの世界観, ロボット学者, ロボット学者第一人者, 仏典, 先生自作, 回路設計, 大学人, 大学教授たち, 大幸運, 宗教論, 宗教講話, 東大先端研4号館, 森政弘先生, 精神世界観, 講義メモ


目次を見る

One Response to “『ロボット学者第一人者・森政弘先生の講義 その1』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    9:43 PM on 5月 23rd, 2022

    [...] 『ロボット学者第一人者・森政弘先生の講義 その2』 『ロボット学者第一人者・森政弘先生の講義 その1』 『木版の仏教経典に学ぶこと』 [...]


This entry was posted on 土曜日, 7月 26th, 2014 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.