kazuo kawasaki's official blog

『森政弘先生からの仏教論に支援されながら・・・』





8月に入って、私はデザインの語彙論・根本論に取り組みました。
それは、先般、森政弘先生の東大先端研での限定講義で、
私はまたあらためて自分の能力を洗い出しされました。
華厳経を学び直すこともままならなず、
先生からのメールでは260冊の仏教論解説書の紹介を受けました。
これからこれらを全てを読破する勇気に正直、躊躇していますが、
前回は「臨済録」からの重要な一節を先生自らが読まれました。
 「仏に逢えば仏を殺し、
  祖師に逢えば祖師を殺し、
  羅漢に逢ったら羅漢を殺し、
  父母に逢ったら父母を殺し、
  親類に逢ったら親類を殺し、・・・・」、
この示衆の説に書き残された一節に囚われたままです。
先生からは、すでにメールでまた新たな教えをいただきながら、
返信に迷い迷ったままですが、
この「臨済録」で述べられている衣と袱紗について、
身震いするほどの衝撃を受けています。
おそらくこの章のこの一節を自分のデザインに持ち込めるでしょう。
如何に、仏教論がデザインの語彙論や解釈論から離脱出来るかが
今、私が認識し直すべきことのように気づいて感じとっています。
私は「かたち」を持って自分の職能・デザイン表現にしてきましたが
これは日本人として離脱出来るかが問われていると思っています。
解釈の解釈、論理の論理、すべからくを投げ捨てること、
ここ、デザインの語源論という解釈だけでは
自分の表現を自分の生涯に配置は不可能でしょう。
だから、敢えて、自分をそこまで追い込んでみる覚悟でいます。


tag: デザインの語源論, 仏に逢えば仏を殺し, 仏教論解説書, 根本論, 森政弘先生, 生涯に配置, 臨済録, 語彙論, 離脱


目次を見る

2 Responses to “『森政弘先生からの仏教論に支援されながら・・・』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    9:43 PM on 5月 23rd, 2022

    [...] 「久しぶりに森政弘先生の講義を受講=幸運の一時」 『森政弘先生からの仏教論に支援されながら・・・』 『ロボット学者第一人者・森政弘先生の講義 その2』 [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    10:28 PM on 5月 24th, 2022

    [...] 『久しぶりに森政弘先生の講義を受講=幸運の一時』 『ロボットに工学設計はあってもデザインされていない』 『森政弘先生からの仏教論に支援されながら・・・』 [...]


This entry was posted on 水曜日, 8月 6th, 2014 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.